◆リラ物語(リラの哀愁 -2)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆リラ物語(リラの哀愁 -2)◆

c0319737_0134589.jpg
このイラストは私の作品ですがロイヤリティーの生じる作品ですので流用、転載などはご遠慮ください。見て楽しんでくださいませ〜

前回からの続きです。

◆リラ物語(女性性について-1)◆
◆リラ物語(女性性について-2)◆
◆リラ物語(リラの哀愁 -1)◆


前回副題としてつけた「哀愁」と言う言葉が示す通り、リラの人々は集まり、グループ、集団、付和雷同、所属、そうした言葉が表す様な生温い感性を持ち合わせていません。
今回はその「哀愁」に関してお話しし、後半で意識の解放の仕方について少し触れてみたいと思います。

遥かな太古リラが崩壊する時、そこを故郷としていた人々はいくつかの選択を迫られました。
この天体が3次元の周波数から5次元を超え7次元あたりに差し掛かる頃、天体の終焉を迎える時となったようです。

彼らは故郷が無くなる、帰る場所が消滅してしまうという想像もできない程の悲しみの中に追いやられることとなりました。
しかし天の摂理の前に、避けることの出来ない非情なまでに過酷な現実として人々はそれを受け入れました。

そしてあるグループは(このグループはリラの中でもやや過激で、この現実を極めて不条理との思いを持った人々でした)同じ琴座のヴェガに移り住むことを希望し、それが受け入れられました。
しかし彼ら過激なグループはヴェガの中のダークサイトと繋がってしまい、やがてオリオン大戦にダークサイドとして関係してしまうこととなりました。

さて残りの大半の穏やかで、女性性のエネルギーを持つ人々は彼らの高度なテクノロジーにより、月より大きな惑星ともいえる人工天体を作り、そこを故郷として宇宙の流浪の旅に出ることとなりました。
しかしその過酷なまでの試練は並大抵のもではなく、女性性を持ちながらも彼らは鍛えられ、試練をくぐり天の摂理に従い生きてきました。

そのため流浪の民の哀愁、切なさがリラの人たちの持つ一面となって行きました。

やがて地球の創成期に太陽系にたどり着き、いずれ来る次元移行に備えこの地球で人類として生きることを選択し、その日々が始まりました。
しかしその人口惑星に住むすべての魂が地球人類として転生することはもちろん不可能です、また暗く重いこの3次元地球に人類の肉体を着て生きることの不自由さから、おいそれと地球に降り立つわけにもいきませんでした。

まずはこの地球の地質に対し、自分達の出来ることで貢献しようと願い、そうしました。
しかし天空からそれを行うだけでは不十分でしたので、人類として地上でそのワークに従事する人の参加を募り、それに応募した人がこの不条理な世界に降り立ってきたのです。

地球に降り立った彼らは高い女性性を持っていたため暴力や過激な行動に出ることができません。そのため今までにいくつもの魂がネガティブエネルギーに晒され倒れてきました。
それでも相手に対する憎しみや怒りを向ける事なく、静かに自らの気配を消し去り、苦悩の日々を(何世代にもわたって)生き抜いてきました。
自分を攻撃しようとするもの、阻害し鞭打つものであっても決して反撃や防御、怒りを見せることはしません、できなかったのです。

そうした日々を送ってきたリラの人たちは、外に助けを求めることをしませんし出来ません、優しさや温もりを求めようともその方法も知らず、それよりも自分からそうした思いを抱く術さえ持ってはいませんでした。

グループを作ることもなく、集団を避け、仲間を探すこともなく孤高の日々の中にあります。
暗く狭い、寒い穴蔵のような場所であっても、忍耐強く、声も上げす、しかし絶望や自暴自棄には決してならず、まるで人も通わない高い山の奥にひっそりと佇む湖の底で息を潜めるように、この社会の中で人に見られないよう、探されないよう、知られないよう生きています。

こうした過酷な日々を生き抜いて来たリラの魂を持つ人々は、この3次元で行われている体験学習が時には生ぬるく、時には子供じみて見えてしまうため、どうしても学習者が抱く痛みにや思いに寄り添うことができません。
しかし、そう感じたとしても、それもその人の体験学習とわかっていますので、決して人を低く見ることもなく、ましてジャッジや批判などできようはずもありません。

「人はいずれ死ぬものです、何故それほど生にしがみつくのですか?」
「名を上げ人に褒められること、我欲を持つこと、野心的でいることに何の意味があるのですか?」
「一人っきりで生きることを何故それほど恐れるのですか?」

こうした意識は天の摂理を理解したからこそ持てるわけです。
そして魂を鍛え、過酷な日々を送ってきたものが獲得した”真実”でもあります。

しかし体験学習の場で生きる人々にとってリラの人たちのその ”達観” は理解を超えています。
だからでしょう、リラの人たちは人から情の無い冷たい人と思われたり、人に対して強い興味を示しません。ですので時には疎まれたり怪しまれたりもしてしまいます。
しかしその哀愁の日々をすごしてきたリラの人たちは真の愛(全てではなく愛の一つの側面として)とは過酷で、厳しく、切ないものであることも理解しています。
哀愁の先にある真実に辿り着いたのが、この地上で生き抜いてきた彼女たち(彼ら)なのです。

しかし決して人生を、生きることを諦めてなどいませんでした。
やがて来る時(この次元移行が引き返せないところまで来る時)を気の遠くなる日々の中で待ち続けていたからです。
そして今、その時となりました。

今まで眠っていたリラの人々の中にある真の情熱と願いに気がつき始めています。
女性性の解放は新しい次元の有り様を示しています、ですからそのために生き抜いてきたまさにリラの悲願です。

その解放は、集団で行うものではありません。
一人一人個として独自に行ってゆくものです。

   ・

さて「リラの解放」などというと高いハードルを想像してしまうかもしれませんので、そのプレ段階で行える簡単な意識覚醒のについてヒントになるお話を少しだけして、今回は終わりにしたいと思います。
それは何かとても特別のように思われるかもしれません。
確かに今まで眠っていた意識を揺り起こすということですので覚醒を意味することは確かです。
しかしその覚醒ということも必ずしもサイキックな能力をいきなり発揮するということではありません。

――――――――――――――――――――――――
◎方法はわからなくても意識を解放しようと希望する。

◎シリウスのエネルギーに触れるイメージをしてみる。

リラはシリウスととても深い関係にあります。
この2つの関係は姻戚関係、またはパートナー関係にあるようなものです。
シリウスのエネルギーは穏やかで静かな男性性のエネルギーも少なからず持っていますので、そのシリウスに触れることでバランスを取れるようになって行くからです。

天空に輝くシリウス星を実際に目視してみる(シリウスは真冬の天空に青白く輝く一番明るい恒星です)
シリウスのエネルギーを持つと思われる知人友人に触れてみる
またシリウスの影響下にあるこのブログを読んでいるという事も同じ意味合いを持ちます

◎胸の奥にしまっていた火の消えたロウソクに小さな火を灯すことをイメージしてみる。

◎森の中の小さなログハウスのベッドで、たった一人で眠り続ける幼い自分をイメージし、その子を大人になった自分が優しく起こしてあげるイメージをしてみる。
――――――――――――――――――――――――

先ずはこのような小さなことを想像、実践してみる事から始めてみてください。

しかし時間が加速している今ですので、こうした些細なイメージからでもいったん起動し始めると、その覚醒は思いの外早くお起こってくる可能性があります。
今まで目には写っていても見えていないと思い込んでいた様々なことが、急にその意味を理解し始めたり、グレートーンだった事象が色彩を帯びて感じられたりすることもあるでしょう。
とても観念的な伝え方ですがこうしたことを感覚的に理解し始めてくれば、解放につながってきていると判断できます。

そして何より、自分はこの世界に一人孤高に生きていたと思っていたが、少ないながら自分を理解し、自分も相手を認識できる人がいるのだという真実に気がつき始めます。
しかしだからと言って群れることをし始めることではありません、まして今まで近付こうとしなかった”社会”に足を向けることでもありません。
すでに離れて行こうとしている古い社会には、やはり距離を感じ続けて行くことには違いないでしょう。
苦手と思うことに無理やり意識を向ける必要はありません、ストレスを感じないように自分なりの緩さで行ってみてください。

今回はここまでです。

次回以降に続きます。










[PR]

by farmemory | 2016-01-04 00:16 | ・リラ物語 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/25141179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-01-04 06:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きな子 at 2016-01-04 11:17 x
リラのお話は毎回心に響きます。自分とリラとの関係がどうであるのかはよく分かりませんが、このワークをやってみようと思います。いつもたくさんの情報をありがとうございます。
Commented by エーデルワイス at 2016-01-04 11:20 x
おはようございます。
素敵なイラストですね!
この女性に、裾まで長い白い服を着ていただいたら、かつての神殿の女神ですね。
赤い地に鮮やかで細かい刺繍をほどこした民族衣装もお似合いでしょうね。
ピンクのブラウスに白地に♡の細かい柄のスカート、ブルーのエナメルベルト、高いヒールにバッグにペンダント!背後の椅子まで華奢でおhされです。
色も組み合わせも、素晴らしいバランスですね。

さあ、ドアを開けて、お出かけですね!
Commented by 志保 at 2016-01-04 19:16 x
達観からくる事の一つに執着しないことも含まれるのでしょうね。それは人に対しても及ぶために冷たい人と勘違いされ戸惑う。


「独りで居れる私は誰かを心から愛せない人なのかな、誰かを幸せにできない人なのかな…」

もしかして、こう思ってしまうリラの方がいたら今回の物語を救われる思いで読んでいるのではないでしょうか。


イラストのお洋服、今回もすごくきれいです。
Commented at 2016-01-04 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-01-05 00:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ユカエル at 2016-01-05 15:51 x
愛を証明する誓いや証拠を、必要としない。
彼等が私を好きでいてくれてるのがわかるから。
あの人が私を好きでいてくれるから。
縛り付ける必要もなく自由で、
疑いようもない満たされた想いは、与えられたものではなく、自ら創り出したもの。
それは揺るがないもの。
私の中に全てある。
Commented by くりちゃん at 2016-01-06 11:44 x
こんにちは!
(「So cool‼」なイラストのお嬢さん、ステキですっ☆彡)
記事を読ませていただいて、さめざめと泣いてしまいました。(何で泣けていたのか、頭では理解出来なかったのですが、自分の中の深い所の「何か」に共鳴したからのようでした。)
それと、映画『美しき緑の星』の中の、「球体で故郷を離れて行くシーン」を思い出しましたよToT

そして、私は少し前から、farmemoryさんの言われる「リラの解放」の、『森の中の小さなログハウスのベッドで、たった一人で眠り続ける幼い自分』は、朝、すでにベットから起き上がっていて、朝日の眩しい窓の外の林に隣接する湖の湖面を、「きれいだなあ、気持ちいいなあ」と眺めているビジョンを見ております^^
シンクロニシティでしょうか??

それから、一昨日の晩、夜空に瞬く「シリウスさん」をぼおーっと眺めておりましたら、ファミさんらしき飛行物体が、ピコピコピコ~☆と視界を横切って行きました@o@(何ともお忙しい方々ですね^^;)
その時の、「シリウスさん」のエネルギーを分けていただけたようで、今では何だか、気持ちが大変落ち着いております。
farmemoryさん、いつも有り難うございますm(_ _)m
『ミッション』(と言いましても、よくわからないままではございますが、いちお、私の『ミッション』と言うことで^^;)、頑張りますよお~☆
Commented by コスモス at 2016-01-07 07:39 x
リラ物語、何だか染み入りましたー。
次回も楽しみです。
意識を解放することを希望します!
いつもいつもこちらのブログには助けられています。ありがとうございます。
Commented at 2016-01-07 15:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。