◆リラ物語(リラの哀愁 -1)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆リラ物語(リラの哀愁 -1)◆

少し間が空きましたが今回はリラそのものに話を移して行きます。
リラ物語の一連の記事は以下にございますので参考になさってください。

◆リラ物語(女性性について-1)◆
◆リラ物語(女性性について-2)◆

リラは琴座に属した天体でした、でしたというのはこの天体がすでにこの宇宙から消滅してしまってるからです。
地球から2200光年の場所にありました。
その天体の崩壊に伴い故郷を離れ、様々な星に移住したリラの人々がいました。
中には同じ琴座のヴェガに移り住んだが人々も居た様です。

しかし全ての人がチリジリに様々な星に分かれたのではなく、高いテクノロジーを持ち高次元の存在であったリラの人々は人工天体を作りそこを故郷とし、言わば宇宙の放浪の旅に出た様なのです。

放浪と言うのは正確ではないかもしれません。
常にこの人工惑星に住むリラの人々の想念で、行く先や未来さえも決め実に高い精神性を持って宇宙を旅しています。

この地球が誕生した時、ここを3次元の体験学習の場として天が認定した時から、ここに住まう知的生命体の誕生を迎えることとなりました。
太古の地球に生命が生まれ、やがて高度な細胞を持つ生命が生まれ始めた頃、主にシリウス、プレアデスの人々の干渉により個々の人類が誕生しこの地球の歴史が始まりました。

しかしこの地球という惑星の誕生に大きく関与したのが実はリラの人々でした。
彼らは、人類誕生のカギではなく、この地球という惑星そのものを作る時地質学的な影響力を持ったのです。
具体的に言えばマントルを管理しているのがリラのエネルギーということになります。
彼らはそれからもこの地球そのものの健全化を願って見守ってきました。

今回地球の次元上昇に当たり、この人工惑星に住む人々は自らの意思でこの地球のアセンションを手助けする事を希望し、今地球に多大な影響と干渉を与えてくれています。
またこの地球にも、リラを故郷としながらも人類として地球に転生をして来た人々がいます。

私自身、今はシリウスの影響下にありますがリラ星が崩壊する前の遥か遥か古代に、リラに転生していた記憶も有ります。

その頃のリラは、まだ次元自体がそう高くは無く(リラも何度となく次元上昇を繰り返して来ました)争いや人々の心の荒廃も存在する低い周波数の場所でした。
私は今の3次元である地球での体験学習の前は、どうもこのリラで多くの3次元的な体験をして来た様です。

この地球に来る人々の多く(80%ほど)は体験学習組ですが、それ以外の20%程は既に他の天体でかなりの3次元を体験して来ています。
その人々は、この地球を体験学習の場として利用するのではなく、今私達がリアルに体験し始めた次元上昇を目撃、バックアップするために来ています。

その方達は既にどこかの天体で、かなりの3次元学習を終えて来ている筈です。
私の3次元学習の地球以外の場所が、このリラだった様です。

次元上昇のおかげでリラはとても強い女性性のやわらかなエネルギーを持った星となりました。
ですからリラを故郷とする方の特徴もやはり「女性性」なのです。
また私達が女神と言って崇め祀る女神達の多くが、このリラの人の呼称となっていました。

※古代エジプトでシリウス人の総称を「オシリス」とし、彼らを神と扱っていたのと同じです。

木花咲耶姫、ハワイのペレ、イシス、アテナ、アフロディーテ、ヤクシャ、ヨーギーニなどなど・・
特に例を挙げた最初の二人(木花咲耶姫、ハワイのペレ)に共通するキーワードが有りますが、それが「火山です」
ご存知の事と思いますが木花咲耶姫を祀る神社は浅間神社です(ここには2つの火山が関係しています)一つが浅間神社のある富士山、そして名の通り浅間山です。
そしてペレはハワイのキラウエアに住む女神です。

火山は静かな時には、人々に多くの安らぎと恩恵を与えてくれます。
温泉も、火山灰に含まれるミネラルも、母なる地球を常に息づかせる造山活動も、マグマの移動、大陸の移動も火山と深い関係にあります。
しかし一旦噴火すると、手がつけられない程の破壊的エネルギーで、今度は人の生活を翻弄してしまいます。

リラの持つ特徴こそ、穏やかな時には慈悲を見せ、感情が高ぶった時には誰にも止められない程の激しさを見せます。
リラ星人の特徴がこの「火山」なのです。

さてこのマントルを司る女神として伝えられてきたリラを故郷にする人々もシリウス、プレアデスに比べれば少数ながら、この地球に人類として転生してきています。
今地球は悲願だった次元上昇という宇宙的イベントに入り始めています。
しかしこの次元上昇をなんとかして阻止したい勢力が存在し、太古の昔からこの次元上昇が始まることを阻止し続けていました。
天の摂理において地球の次元上昇は、必ず起こるというスケジュールになっていましたが、そのタイミングは今回が初めてではありませんでした。
地球の歴史において何度かのチャンスがありましたがその都度、それを阻止され潰されてきました。

このイベントには地球だけの力ではなく、それを人類としてバックアップする人々の力も重要でした。所謂ライトワーカーたちです。
しかし過去のタイミングにおいて、まだ強大な力を持っていた抵抗勢力はそのライトワーカー自体を殲滅することにより、阻止することに成功してきました。

例えば近い歴史の中では魔女狩りもその一つの例でしょう。
この地球の次元上昇に大きく関与するリラのエネルギーを持つもの(ここでは女性を指します)を戒め、低いものとして押さえつけてきました。

リラの人々には争いや攻撃、自己防御という破壊的な意識がなく、また実際身を守る術さえ持たないのです(女性性の象徴の一つは平和です)
そのため簡単に圧政の中に落とされ、魔女狩りなどという不条理を甘んじて受けなければならなかったのです。

シリウス、プレアデスの人々は身を守る「腕力」も持っていましたので、抵抗勢力に対し実力で対抗しうる術も持っていましたが、リラのエネルギーを持つ人はそれができません。
そのため彼女達が選択した自己防衛が「隠れる」ことでした。
木花咲耶姫は自分の名前を語らないでほしいと願う奥ゆかしい姫と言われてきましたが、それは奥ゆかしさではなく、自分という存在を語らないでほしいという切なる願いに基づくものでした。
同じようにアマテラスも「隠れる」女神として語られてきました。

その意識を持つリラの人々、そこを故郷にもつ人類は皆自分が前面に出ること、目立つこと、人に知られることを極端に避けて来ました。
陰で息をひそめ、気配を消し、目立たず静かに暮らしてゆくことで、身を守ってきたのです。

今、こうして目立たず静かに暮らしていたいと願う人の中にはリラを故郷に持っている可能性があります。
彼女達は決して良い子でいたいのでも、奥ゆかしいと褒められたいのでもありません。
自分の存在を人に知られたくないとさえ思うほど臆病で覇気を見せないその理由が、身を守ることに由来してきたのでしょう。
遠い昔からの魂の記憶です。

しかし、とうとう次元上昇はその時を迎えました。
しかも次元ポータルである2012年12月を過ぎた今、その上昇は後戻りできないところまで来ています、そのため抵抗勢力の力は落日を見るほどに衰えてきています。
リラの人々はもう逃げ隠れする必要が薄れてきています。
そこでリラ星を故郷にもつライトワーカーの目覚めの時を迎え始めているのです。
しかしリラが目覚めるということは、今まで押さえつけられてきた地球自体の目覚めも同時に起こり自然が「動き始める」ということになります、既にその兆候が各地での気象に現れ始めているかと思います。

今後それに呼応してリラの覚醒イベントなども企画しようと思っています。

さて今回の副題としてつけた「哀愁」と言う言葉が示す通り、リラの人々は集まり、グループ、集団、付和雷同、所属、そうした言葉が表す様な生温い感性を持ち合わせていません。
考えてみれば、自らの故郷である天体そのものが無い、帰る場所が無いと言う感覚は想像するに余りある程の哀愁を感じさせます。

次回のリラ物語はそれを中心としたお話から、女性性の象徴である「愛」に関してお話ししてゆきたいと思います。


では今日はこの辺で。








[PR]

by farmemory | 2015-12-28 11:31 | ・リラ物語 | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/25113917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-12-28 13:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2015-12-28 21:44 x
おもしろかったー(^o^)/
Commented at 2015-12-28 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 真理子 at 2015-12-29 01:30 x
このブログを読み終えて、中島みゆきの『異国』という歌が浮かびました。哀愁、孤立。
Commented by くりちゃん at 2015-12-29 09:38 x
おはようございます!
全くもって”リラの哀愁”な私です^^;
「人は、どうしてすぐに争いを始めるのか…」
小さい頃から不思議でなりませんでした。
私は人と争うのが嫌なので、これまでの人生の随分と長い間、なるべく息を潜めて、周りとの衝突を避けてまいりましたが、それでも執拗に「いい子ぶってる」などと言われ、その時は「自分は弱い人間なんだなあ」と思い、出来ることなら「強くなりたいっ!」と願っておりました。
~ああ、バカバカしい~^o^/

そうですか、富士山と浅間山ですか…。
いきなり出かけて行くのは無理なので、この二つの名峰に意識を向けて、出来る時に祈りを捧げるようにしたいと思います~☆
貴重なお話、有り難うございましたm(_ _)m
Commented at 2015-12-29 12:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by belltiss at 2015-12-29 20:24
拝読させていただいている最中から
涙が溢れて来ました
いつも深いお話をありがとうございます
Commented by ユカエル at 2015-12-30 01:36 x
去年の11月くらい
夢で、角のような木のある部屋の中央に、囲炉裏のような溶鉱炉があって、真っ赤なマントルが火を放っていました。溢れそうで、火が大きくなりすぎないように灰をかけると、子供達が真似をして灰をかけている夢でした。
火、鉱炉=鉄、もしくはゾロアスターと関係ある?とか思ってました。
それで今年の初めに、燃える角のような木のビジョンをはっきり見て、「今のなに?前見た夢の木と同じ!」と、思った。
もしかしてあの溶鉱炉、リラ星とも縁があるかもしれない?選択肢が増えました。
帰る場所など無いという感覚はかなりあります。
だからかな。今いる場所が大切。
世界中を旅したいとかもあまり思わない。
たぶんずっと、さすらってるから。
Commented at 2015-12-30 02:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-30 11:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-30 21:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まよすけ at 2015-12-31 02:50 x
へぇ~、帰るところなくても良いんだぁ。
根無し草な自分に残念な思いでしたけど、それでもオーケーなんですね。
集まりとかも怖いんですけど、それもアリなんですね。
他の人と同じようにできない自分にいつも焦りがありましたけど、なんかホッとしました。
ありがとうございます。^^
Commented by 志保 at 2015-12-31 13:13 x
興味深いです。以前ハワイで知りあった方と思い立ってキラウエアに行きました。何の準備もせず行ったので暑さで死にそうでしたが、赤い溶岩に辿り着いた時、心が静かになったのを思い出しました。阿蘇の近くに住んでましたので火山は身近ですが、ハワイでも同じようにぬくもりを感じました(単に暑かっただけかな…笑)。 最近友人と読書会をしていますが、次は泥流地帯という火山の本を取り上げようかと考えていたのでシンクロしてるなぁ…と驚いてます。平和を愛し、目立った行動を極端に避けようとする人たちがいると思うと何故か泣けてきました。
教えて下さってありがとうございました。
Commented by きな子 at 2016-01-01 17:33 x
自分には「故郷」と呼べる場所はない、と子供の頃からなぜかそう感じていました。生まれた場所とも実家とも心のつながりを感じないのですね。だから馴染んだ土地に暮らしている時も異国で一人ふらふらしていた時も、私には何も違いがないのです。根無し草だなと思っていました。リラの物語は心の深~いところに響きます。ちょうど去年あたりから自分の中の「女性性」というのが一つのテーマでもあったので、なおさらです。物語の続きが楽しみです。