◆ミカエルへ・毘沙門へ◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



c0319737_015149.jpg

◆ミカエルへ・毘沙門へ◆

願わくば背に天使の羽根、その再生のあらん事。
自らの暗がりは光へと昇華し、その柱の中に癒されん事。

いかなる体験も希望の未来に続く。
その道を歩く自らへの信頼と共に祈りを送ります。

この人生の約束を全うする事をここに誓いましょう。

   ・

この一文はミカエル・毘沙門天に送る言葉です。
これを自身にリンクされるとお感じの方は、ご一緒に祈りをどうぞ。









[PR]

by farmemory | 2015-10-24 00:24 | ・ハイヤーセルフとガイド達 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/24848730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by だいすけ at 2015-10-24 01:13 x
「自らが神の御柱となり、天の光を地に降ろす」
先日、夢(意識体として)で宇宙船に乗船した際に自らのミッションとして伝えられたコトバです。
Commented at 2015-10-24 16:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-10-25 09:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くりちゃん at 2015-10-25 10:19 x
おはようございます!

今日も東京は、穏やかで素晴らしい光が降り注いでおります。
『ミカエル・毘沙門天に送る言葉』を有り難うございました。早速、手帳に書き写させていただきましたので、日々、チラチラと覗いてはこっそりお祈りしたいと思います^^
さてさて、私はどうして小さい頃から『淋しがり屋さん』だったのか…、ということの謎が、つい先程、閃いて理解出来ました!
今で言う所の、『ワンネスの世界観』の感覚を、共有出来る人が周りにいなかったからなのです。
幼少の頃の方が、ずっと今よりピュアなゆえに、真実をわかっていたんだなあ~☆と、最近つくづく思います。
いちいち頭で考えて、周りに合わせて小賢しい事柄を複雑に行うのではなく、向かうべくは、「幼少の頃のピュアな感覚」を思い出して、周りとのバランスを取りながら自分らしく行動していく!
(((アレ~~???そのように、行動して来たんじゃなかったっけ~~ToT)))
Commented by 志保 at 2015-10-25 11:11 x
はい、ともに祈ります。


白い羽を受けて、自らも光となりますよう…
Commented by TMK at 2015-10-26 11:39 x
24日土曜日に実家にいる16歳の愛犬ごんが亡くなりました。大型犬なので凄い長寿です。歩けなくなって寝たきり状態が1年5か月。高齢の母がずっと介護してきました。土曜か日曜、週に一回実家に帰り介護を手伝っていました。
私が実家に着くと、それまで静かにしていたのに、「オーオー・わーんわーん」とか「ウォーウォーン」とか泣き出しますが、夕方になり「また来るからね」というと、途端に静かになりました。
土曜か日曜、1週間に1度のサイクル。
どうか息を引き取る時には側に居られますようにと祈りながらの一年5か月。ごんにも「天国に行くときには側にいるからね」と約束していました。
ごんは私との約束を守って木金の二日間体調が悪いのに頑張って土曜午後2時半に亡くなりました。
それなのに私は、体調が悪いことも知らず、乗馬の予約を入れて乗馬に行き日曜に実家に行くことにしていたのです。
乗馬から帰宅し、母からごんが2時半に亡くなったと連絡が入り、なんで乗馬になんか行ったんだろうと自分を責めながら泣きながらすぐに実家に帰り横たわるごんと対面しました。
「ごめんね。ごん。ごんは約束約束を守って土曜日を待ってくれたのに、私は約束を守らなくて。」と泣き続けて夜中1時位までごんの遺体の横に寄り添っていました。
ごんちゃん16年間有難う。あなたは今までもこれからもずっとずっと光です。
動物さんたちは、本当に私たち人間をはるか上回る高次の魂ですね。
出会ってくれたことに心から感謝します。
Commented by ユカエル at 2015-10-26 23:34 x
私の中には、いろんな私がいます。
優しい私もいるけど、悪魔ちゃんや、鬼ちゃん、あまのじゃくちゃんもいます。
嫌えば嫌うほど中指を立てて喚きます。
彼等を排除せず、居て良いのだと思い始めると、何だかいとおしく愛嬌のある側面が見えてきます。私の中で、バランスをとる大切な部分だったと気づきます。
気づいた私に、笑いかけてきます。
嫌われ役の大変な役目を果たしたけど、やっとわかってもらえて良かった~!って。

ちゃんと向き合うと、あぁ、こういうことかと。
たくさんの私の分身達、私は私であって私でなく、いろんなもの。
全部まとめて私です。
Commented by いずみ at 2015-10-27 10:46 x
いつもありがとうございます。

今日もいいお天気で空を眺めますと
白いレンズ雲がたくさんありました。
わたしにも何か合図して~
としばらく眺めておりましたが何もおこりませんでした。少しがっかりして、不思議といえばこうして生きているのだって不思議なんだ、神秘的なことなんだ、合図くれなくたっていいや・・と拗ねて机に数分向かい、
それからまた外を眺めました。
そうしましたら、まさに目の前に6~7本の筋の雲がありました。自然にできたものではないのは見て明らかでした。
上下方向に6~7本、飛行機雲の直線で、その雲と同じ幅で空間があり、また雲、また空間・・・
長さは何と表現していいのかむずかしいですが、水平方向と真上の五分の一の長さで、上下ともに横一直線にそろってました。いかだのような感じでした。
見つけてから少しずつ形は変わって、まわりと同じような雲になりました。ですが周りはみんな真っ白でしたが、この雲は最後まできれいな青色でした。そして周りの雲は形がどんどん変わって行くのに、この雲は長い事同じ形のままでした。

航空ショーで見られるものかもしれませんが、ほんの数分の間に、そんな音はしませんでしたし、いつも通る飛行機の通り道とは、直角にまじわる方向です。

雲の青さも美しく、わたしにも答えてくれたと喜んでおります。