◆ダイダラボッチのお話◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆ダイダラボッチのお話◆

先日私の所にリーディングにお越しになられた、現在京都にお住まいの被験者の方からとても興味深い画像が送られて来ましたので、シェアします。

c0319737_5282890.jpg

c0319737_528483.jpg
この画像をお撮りになったのは8月7日との事です。

実はこの日私はかなり強く重いエネルギーの降下を体感していました。
自然界にあるエネルギーではなく、何か人為的な各作為のあるエネルギーでした。
しかし同時にそのエネルギーをインターセプトする軽快なエネルギーも同時に感じていました。
「攻防」があった事を感じさせる一連の体感でしたが、奇しくも今回の画像でそれを撮影されたのではないかとも思っています。


私自身今までにもこれに良く似た雲の不思議を何度となく見て来ましたが、今回お送り頂いた画像から、不意にある伝説に思い至りました。

それが「ダイダラボッチ」の伝承です。
この画像を見ているうちに、何の根拠も無くいきなり閃きとして理解に至りました。

以下被験者の方とのメールのやり取りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<被験者の方から私へのお便り>

高橋様

今日、京都市内を歩いていたら面白い雲を見つけました。
雲というか影のようなものが雲と雲の間を生き物のように動いていました。
肉眼だともっとはっきりしてたのですが…


色の違う雲が影みたいに見えただけなのかなとも思いましたが、よく見ると後ろに雲が透けてるので多分影なのだと思います。


時間が経って夕方には4枚目の写真のような天使の梯子を何回も見かけました。
なんだかお知らせしたくてメールしてしまいました。笑


・・・・・・・・・・


<私からお便り被験者の方への返信>

○○様

こんにちは高橋です。
お便りありがとうございます。

今年の夏、京都は厳しいのでは有りませんか?
でも以前に比べ京都の「重さ」が随分軽くなって来ている様に感じます。


さて、画像ありがとうございます。
とても興味深い面白い画像ですね、私もたまにこの「影」の様なエネルギー体を雲の合間に見る事が有ります。

でもこの画像はとても鮮明で分かり易いです、本当に生き物ですね。
これは古来「ダイダラボッチ」として伝承されて来たエネルギー体の一つではないかと思います。

各地にある超巨人伝説も、実際巨大な生き物を人々が目の当たりにしたのではなく、こうしたエネルギー体(実態を彷彿、連想させる)の様な存在から、生命体を感じ取って伝承して来たのではないかと思うのです。

今、私達はテレビを筆頭に「与えられる画像、映像メディア」に、言わば洗脳されてしまっています。
本来人には高い「想像力」と言う、見えない対象物を察知する能力が備わっていました。
こうした雲に出来る影から、何らかの生命体を感知し「想像する」事が出来たのが、視覚的メディアの無かった時代の人々の押さえ込まれていなかった能力でした。


今お話ししています内容も、私も知識としてお話ししているのでは有りません。
送って頂いた画像を拝見しているうちに不意に理解出来た事です。

恐らくこうした超巨人伝説を生み出したエネルギー体の存在は、こうした「影」だけではなく、センシティブな人々が何らかの巨大な生命体を感知し超巨人を伝承的物語として作り上げて来たのでしょう。

この生命体は一つの生き物と言う概念だけではなく、例えばエネルギー体で出来た宇宙船もその範疇です。
むしろ、そちらの解釈を私は取ろうと思います。

ディスクロージャー(彼等が姿を現す)の一つかもしれませんね。

また、この地球には他の天体から、次元ホールを通って来る他の生命体もいます(雪男やイエティなど、ネス湖のネッシー等も)彼等の中には3mを超える身長の者も居る様で、しかも古代からこの地球に行き来をしていました。

今までにもそうした巨人族の「化石」が世界各地で発見されていますが(公式な情報公開はなかなか進みませんが)、しかし大きさから見てもそうした生物でさえやはり「ダイダラボッチ」の伝承には繋がらないでしょう。

今回頂いたこの「影」の、山を一跨ぎにする様な巨人伝説は今回の画像の様なものから生み出されたと考えても良いのかもしれません。

とにかく面白い画像です。

折角頂いた画像、取り上げさせて下さい!



追伸

年内に鞍馬か琵琶湖でのワークイベントを予定しています。
全くの未定ですが、決まったらお知らせしますね。


ではでは~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のお便りでとても心強い事は、被験者の方がこの雲に関してご自身の言葉ではっきりと「影、天使の梯子」と自信を持ってお話しになっている点です。

「これはなんでしょう?」と言う事無く、はっきりとお話しになっている事で、この画像はお撮りになった方の真実となっているのです。

そして私もまた、この雲を自身の感覚でダイダラボッチと認識したと言う事は、この画像が少なくとも被験者と私の間では雲ではない「何者か」と言う真実が成り立つと言う事です。

またこれをご覧になった方の判断は、それもまたその方の真実となります。
皆さんは何をお感じになったでしょうか。

単なる気象現象?
エネルギー体?
スペースシップの影?
それ以外?


このどれもがあなたに取っての「正解」でしょう。


また、ご自身が自信を持ってお話しになった事を、後日他の方が検証的な否定をされたとしても、それでもなお自身の中に真実が響くのであれば信じる事です。
その時点で論議は不要です、ニコニコ笑顔で「そうなんですね~」と言って済ませてしまいましょう。
まして恥をかいた等思わない事です、バカと呼ばれ、無能と呼ばれ、痛い人と呼ばれる事を気に病む事は有りません。

そして、他の方の言葉に「なるほど!そうなのか、へ~」と思ったら、簡単に手のひらを返す様に前言撤回して軽やかに訂正しましょう。

頑さと意地は不要です、人間は完璧では有りません。
自分の心の声に従って全てを受け入れて行けたら良いですね。

   ・

今回の記事は徐々に頻度を増して来ている彼等「スペースファミリー」達の動向の一端を感じさせる内容となりました。

少しずつ、少しずつ、それでも確実に全ての事が前進している。
それを感じさせるお話でした。












[PR]

by farmemory | 2015-08-13 05:30 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/24546431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tsutty at 2015-08-13 19:49 x
何かしらの現象を感じる不思議なお写真ですね。実は8月7日、私はとても重苦しい出来事に襲われました。詳細は書けませんが滅多にない程のネガティビティで、体中の血が沸騰するくらいマイナスエネルギーが駆け巡りました。然るべき所に対処をお願いした後は、天にも動いて頂くべく地元の神様へお祈りをしに行きました。(文字数制限の為、一旦切ります)
Commented by tsutty at 2015-08-13 19:51 x
(続きです)
数日が過ぎ幾分か精神が落ち着いてきましたが、未だ魂に細かい傷がついたような感覚が抜けません。でもきっと高次の存在が守って下さると信じています。今までもそうだったように。ブログ主様が同じ日に「重いエネルギーを感じた」と書いて下さった事、私の苦しみをシェアして下さったように思え、とても救われました。ありがとうございます。
Commented by ももんが at 2015-08-14 07:47 x
なんだかとってもきれいですねー、私はなんだか写真全体が、エヴァンゲリオンていうアニメぽいなーと思いました。綺麗な金の十字架とか、空の影とか、エヴァで見たなぁって感じでした!
私はエネルギーとかを全く感じないので、正直皆様が羨ましいです...
7日辺りは、布団干したり何故か必死に家中の掃除をしてました...

Commented by 志保 at 2015-08-14 21:56 x
きれいな写真ですね。
私も今年、夏が始まるくらいに早起きしてベランダで1時間ほど朝日を待ってた日がありました。


日の出前、風のない日だったので、たぶんずっとそこにあっただろう雲がうっすら色づき始めたんですが、どうみても私には後光がさして羽衣をまとった観音さまに見えてきました。


私の独りよがりかな…って思ってたけど、やっぱりあれは観音さまだよねって今思えました。
美しかったです。



いま、改めて嬉しく思います。
感謝。
Commented by ユカエル at 2015-08-15 15:09 x
宮崎駿のアニメにも、ダイダラボッチは登場しましたね。宮崎駿という監督は、日本の古代史を関心もって、随分いろんな角度から調べているのだろうな、っていう印象を受けました。
ダイダラボッチになる前の前身はしし神で、ビジュアル的には鹿のようでいて顔はヒヒ。
エジプトのトート神はマントヒヒで、太陽信仰とも関係が深い。
しし神の角はけやきの木のようで、蛇の脱皮のように皮が剥がれては成長する再生のシンボル。
たぶんダイダラボッチは他にも沢山の名前を持っていて、それらを内包するエネルギーの様に思う。
色んな名前を持つエネルギーは実は一つで、私達もその一つだ。

面白い夢を見た。私の乗っているトロッコ列車がどんどん加速して、異変を感じた私は、その先のレールが曲がっているビジョン瞬間的にを見た。事故に合う!と、思って、向かいに座っている男性の手を「握って!」と言って繋いだ。すると体が高く舞い上がって、空からクラッシックカーが見えた。
あの中にいる!(自分と彼)と思った。
目が覚めると、ちょっと待って?すると、上から見ていた私はいったい誰なんだろう?って。
因みに彼は、今のパートナーだと手を繋いだとき思った。
Commented by 妖怪ウォッチ at 2015-08-16 00:39 x
私も7日に嫌なエネルギーを感じました。
それから4日後、スマホが突然電気入らなくなり故障してしまい。特に気にすることなく過ごしていたら、昨日から突然、カーテンやベッドマットレスやベッドシーツを変えたくなり、思い立ってすぐにベッドマットレスとベッドシーツは買いました。カーテンは丈が既成でないためオーダーします。なんだか軽くワクワクするのです。なにか運の変わり目かもしれません。
Commented by TMK at 2015-08-17 11:10 x
ずっと前から、自分が感じて信じた事が、自分の真実という言葉が、とても居心地がよく好きです。
私も最近というか6日か7日だったと思います。
夕方南西の空に、大好きな竜神橋という橋を渡っているときにペン型の細長~いシップが二つ横並びに並んで現れてくれました。
いつもいつも会いたいと思っていたので、とっても嬉しかったです。
これも誰にも話してないけど、私の真実です。
Commented by BOTAN at 2015-08-17 11:51 x
いつも記事を楽しみに拝見しております。
お盆休みの間だるくてたまらず、五山送り火の後、ようやくこの記事を読む事ができました。
私も京都在住です。
8月7日金曜の夜、ポストに自宅前の空き建物で、テレビドラマ撮影とのお知らせが入っていました。(今まで一度もそんなことありませんでした)
翌朝は休みなのですが、なぜかちょっと早起き、家と庭と玄関を清めるぞ!とそうじをすごい速さで完了し、水まきもしました。
その後撮影が始まりましたが…。
刑事ドラマだったらしく、犯人が女の子を人質に立てこもり、建物に刑事さん突入、と、夕方まで怒号、女性の悲鳴、絶叫、格闘する音、ドラム缶をけっとばす音‥等々が一日中続きました。
何だったんだろう…。
記事に関係ないかもしれませんが、なんだか、あ、そうか、と納得。
貴重な情報を共有していただき、ありがとうございました。