◆2個のコロッケ◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆2個のコロッケ◆

ある所に若い夫婦がいました。
彼は零細企業の生産ラインに勤務していました。

そして2年前に結婚した妻にようやく念願の子が授かります。
しかしその喜びもつかの間、会社に寝耳に水のM&Aが入り、先代から細々と続いていた会社に大きな熱い楔が打ち込まれます。

あっという間に彼は会社と社宅を去らなければならなくなります。
お腹の大きくなり始めた妻を思うと彼は、とても重い気持ちとなります。

彼は利益以上に人々のために良い製品を作ろうと願う経営者の思いに触れ、倹しいながらもその理念に共感し日々懸命に働いて来ました。

二人とも早くに親兄弟、親類縁者と死に別れ、また疎遠となっていましたので言わば天涯孤独の身。
頼れるのはお互いだけです。

妻は特に金銭的にこだわる方では有りませんでしたが、それでも小さなオシャレや小綺麗な部屋に住みたいと夢見るごく普通の女の子でした。

しかし彼の離職で、お世辞にもオシャレとは言い難い小さな歓楽街の裏路地にある、日の差し込まないアパートの一室になんとか入居します。

流石にいつもならノンビリした明るい性格の彼女も、日々大きくなるお腹に手を当てながら、自分達の将来を思うと、どうしても沈みがちになってしまいます。

二人が越して来たのはまだまだ昭和の匂いがする懐かしさのある地域。
その界隈に住む「おばちゃん達」はとても騒々しく、いつもヒョウ柄の派手な服を来て、何かと言うと人の世界にずかずかと入り込んで来てはなんやかんやと口うるさく言う人が多いので彼女には少々苦手な場所でした。

元々無いに等しい蓄えも底を付き、幾つかのアルバイトを掛け持ちで働く彼の細々とした稼ぎでなんとか糊口を凌ぐ毎日です。

そんなある日、彼女はお給料日の前、小銭だけしか入っていないお財布を手に昔ながらの古びた商店街のお肉屋さんに晩のおかずを買いに行きます。

初めて行ったお肉屋さんのガラスケースに並んだ揚げ物の中からお財布の中と商品を何度も見比べ、今日一番安いコロッケを2個買おうと思い店の中に声を掛けます。

奥から騒々しい声と共に彼女のちょっと苦手なタイプの「おばちゃんが」出て来ます。
コロッケ2個なんて言ったら、なんか言われるかなと恐る恐る

彼女「このコロッケを・・・・2個下さい」
案の定
おばちゃん「若い子がコロッケ2個!?こっちのメンチも買うて・・」

と言いかけ、店の奥から見ていた時彼女が何度もお財布の中とコロッケを見ていた事を思い出します。
そしてそのお腹を見ると、今までの声を止め黙って彼女の言うコロッケのバットを引き出し袋に詰め始めます。

彼女はそれを見ていると、おばちゃんは何も言わずにコロッケを4個入れるのです。

彼女「あの、4個じゃなくて2個なんですけど・・・」
おばちゃん「そやったか?」

そう言って4個入りの袋を差し出し2個分の金額を言うのです。
そして

「しっかり食べて体大事にしなはれや」
「おおきに、またおいで~」

そう言って大きな声で笑ってくれます。

この時彼女の中に、ほんの少しですが小さな希望の灯を見ます。
そしてこの世界がほんの少し明るく見えたのです。

コロッケ2個と言う微々たるもの、それでこの娘の明日までが助かる訳では到底有りません。
でもその2個の価値は大きな「人の想い」に比例します。

きっと、そのコロッケには始めて会った娘のお腹に宿る子に寄せる、おばちゃんの温かな想いが込められた事でしょう。

頼れる大人等いないと頑なまでに気張って生きて来た彼女が、希望とは誰がどうやって与えてくれるのかをほんの少し知る事が出来ました。

生まれて来る子には「温かい心が人を助けるんだよ」と、きっと伝えて行こうと思うのです。
そして、それこそが初めて会った、あの一見厚かましそうだけど心底温かいおばちゃんの「2個のコロッケ」に報いる事なのだと知るのでした。

おしまい。


***********************


ご紹介したい記事が有りましたのでリンクさせて頂きます。
ご本人と懇意にさせて頂いている「In Deep」さんの記事です。

「自分戦争と自分革命 - 「20年間、完全にお金を持たずに生きてきた」ドイツ人女性の生き方を見て考えること」>>>

何とも興味深いお話ですね、今回のブログ記事に何となくリンクする様な内容でしたので取り上げさせて頂きました。
意識一つで、この世界(自分の世界)を作り出して行ける事を知らしめてくれる様な記事です。


***********************

もう一つご紹介したいスキンケア商品が有り、追記させて頂きます。

c0319737_22325893.jpg

*エッセンシャルリフト*

この商品は私の友人(の奥様)が、webショップの販売支援を受託され、取り扱っている商品です。

イラストレーターと言う仕事柄、化粧品メーカーのお仕事も多く手がけて居ますのでエッセンシャルオイルの香りも数多くテイストして来ましたが、この商品の香りは殊の外良いと感じました。

残念ながら私は男性で使用に関しての感想が書けませんが、妻にプレゼントし使ってもらった所、とても香りよく潤いを待たせてくれる商品と気に入っている様です。

※添加物などを一切使用せず、希少なオーガニック(有機栽培)のエッセンシャルオイルにこだわって誕生させたとございます。

友人も先ずはこの商品を多くの方に知って頂ければと言う事で、私のブログでは余り例のない事なのですが今回ご紹介させて頂きました。

詳細は以下のサイトにございますので、宜しかったら是非一度ご覧下さい。

c0319737_223876.jpg



*エッセンシャルリフト*










[PR]

by farmemory | 2015-08-10 00:00 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/24533540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のっぽひで at 2015-08-10 02:16 x
前半の「2個のコロッケ」のお話、ワタシこういったモノに弱いんです(ノ_φ) 案の定、ウルッと来てしまいました。

いつも素敵なお話、有り難うございます。
Commented at 2015-08-10 17:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ユカエル at 2015-08-10 17:07 x
私達が日々、誰かに向ける言葉や行いは、影響を与えたり受けたりする中で、それが心から発信され、現実の創造となるのでしょうけど、
身近に不快な現実を創ってしまう人がいたりなんかして、その人の不愉快な余計な一言は何なんだろう?と。ずーっと掘り下げて考えてみると、過剰な自己防衛からくる、感情とは反対の表現だと気付き、その都度「なんでそんなこというの?」「ならこう言ってくれたらいいのに」的な事を伝えるようにしてみた。影響を受ける側から与える側に意識をして。もっと良い関係を創造したいから。

そしたらその夜の夢で、10人くらいの子供達をお風呂か、プール?に入れていた。隣にもっと綺麗なプールがあって、プールとプールの間には深いクラックがあって足場はなかった。プールといっても枠がなく、氷がそのまま立体で水になったような?一人ずつなんとか移動するのだけど、最後の一人が体力のない子で、その子を担いで渡ることに決めた。バランスを取るのが難しかしくて、踏ん張っているところで目が覚めました。

最近その人は、無意識につい言ってしまう一言を言う前に、考えるようになった。そして、自然体で穏やかになった。

フラクタルという宇宙の法則があるのだから、小さな創造は連鎖してゆくはずで、大きな創造に影響を与える。似たようなことが起こるとか。
役目を持って生まれて来た人は、今それに気付いて意識を向けているのではないかな。
長くなっちゃった。
Commented by イチコマ at 2015-08-10 17:56 x
昨日、パートナーと仲違いしながら、砂のような味のコロッケを食べました。
私たちも、この夫婦のようにお互い以外、ほとんど親類に頼れる人はいませんが、たった一人、お肉屋のおばちゃんがいます。

おばちゃんに報いたいと、思いました。
Commented by yy at 2015-08-10 18:26 x
いつも素敵なお話をありがとうございます。
ほっこりと心にしみました。

人間にとって、同じ人間だからこそ救われる瞬間があり、またその逆も然り…
この不可思議さが人間の面白いところでもあるのだなぁ、と。

ご紹介されていたIn deepさん。
私はこのブログで知った「美しき緑の星」を見てから映画について検索している時にIn deepさんを知り、その後から色々な興味深い記事を拝見するようになっていたのですが、高橋さんのお知り合いの方だったのですね!

何かが巡ってるような繋がっているような??ちょっとした宇宙的な循環を感じてテンションが上がりました(個人的なことで何ですが、、苦笑)

これからも楽しみに拝見させて頂きます〜♪
Commented by 妖怪ウォッチ at 2015-08-10 23:32 x
心暖まる話です!
互いに頼るのは互いしかいないって強いですね、精神的な繋がりって何よりも幸せです。必ずご夫婦に光は見えます。精神的な繋がりがあること自体、光です。
私の話になりますが長く勤めた会社を退職しようかと考えています。遅くても年内には。仕事を辞めるなんて考えてもいませんでしたが、これも何かの流れです。
金銭的に決して余裕があるわけではありませんが。
私の中での次元移行かしら?
長年いて麻痺していたのかもしれませんが、急に会社の人間のやり方や考え方や精神の低さに嫌気を感じてしまいました。今まで普通に接してたのに。
人を変えることは出来ませんので自分が場所を変えようかと思っています。
Commented by MADOKA at 2015-08-11 22:51 x
人の本性なんていうのは、見た目じゃ分からないのですね。観るべき瞬間は、その人が対象の何を見て、何に気づくかなんだと思います。そして、美しい心が垣間見えることに気づく人は、やっぱり美しい心の人なのです。