◆使命の遂行◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆使命の遂行◆

高次に向かおうと希望する魂、既存の次元に留まる事を希望する魂。

その選択は個々人の魂の自由意志です。

自分は先に進みたいと思っているが、大切に思う人がそれを望んでいないとしたらどうしましょう?
その様に心配してしまう事もあるかも知れません。

しかし、そこにある個々人の選択に何人も介入し、強制的に進路を変える事は出来ません。

次元は「学年」の様な者です。
小学生低学年の児童を、自分と一緒にいたいと思うあまり大学院に連れて行ってしまっては、その子が苦しむだけです。

ですので、その子が順当に、自分の意志とスピードで次元の階段を上って来る事を静かに見つめる事が、周波数の異なる者の慈悲と言う事になりましょう。

いくら話しても、提示出来る証明を見せようとも、頑に耳を貸そうとしない人に無理矢理話を聞かせようとしても、その魂の選択が「否」で有れば、一歩離れ静かに見守る事が高次に進む人の有るべき姿です。
しかし決して見下ろすと言う目線であってはならないです。

現に私達も、遥か高次からやって来た人々に慈悲の思いを与えてもらっています。
かつてイエスも釈迦も高次から、肉体を纏いこの次元に真実を伝えに降りて来ました。

しかし彼等は決して人に真実に向かう事を強制はしませんでした。
彼等はこの次元に降りて来ても、決して人々を見下ろす事は無く、同じ目線で静かに自分の話を語るだけ、その姿を何度かのリーディングビジョンで見た来ました。
また宗教的なアプローチは一切せず、自らの生き方や有り様全てでそれを伝えようとしていました。

人から疎まれむち打たれ磔になった姿は、ビジョンでは見る事が出来ませんでした。
それより、日々の中で笑顔を絶やす事無く(表面的な笑顔ではなく、楽しく穏やかに暮らしていたと言う意味です)「今と言う時」を生きていたのが彼等高次からの光臨者でした。

その彼等の姿を見て、人々は圧政の中に有っても、人心の荒廃の中に有っても「希望」を見いだす事が出来たのでしょう。

愛する者達が自分とともに高次に行くのか、自分は高次に「行けるのか」を知ろうとする前に、今を静かに、あるいは楽しく生きる姿を見せる事が一つの役目にもなります。

今流される報道では眉をしかめ、苛立ち溜め息の出る事ばかりが目に入って来ます。
その誘導に乗る事無く、静かにそこから離れ今を生きる道に進みましょう。

苦手な人と無理に接触する必要は有りません、無理をして自分のお尻を蹴飛ばしてでもしなければならない御魂磨き等有りはしません。

自由で、程良くいい加減に、程良く社会に対して距離を取り、能天気に、煩わしくこんがらがった事に背中を向けて、自分に対して厳しくせず、個々人に対しては慈悲を持ち今を生きて行きます。

でもあくまで自分のレベルで。
他の人と比べて同じ様になろうとすれば、もうそこで「無理」が生まれてしまいます。
自分が変化する事は、人に評価してもらう事では有りません。
一見「どこが変わったの?」と人から思われても、自分の中では変化したと確信出来ればそれで十分です。

また矛盾しますが、自らの変化が自分では分からない事も有ります。
そんな時、人から「最近変わったね、良い感じだね」と言われたら、素直にそれを受け取って、それこそ能天気に喜んで受け入れて下さい。
例えそれが社交辞令のその場だけの語りかけと感じたとしてもです。


これが「どうしたら覚醒出来る?」その扉を開ける鍵となります。

そしてその在り方が、身の回りの人々の高次への水先案内となって行く筈です。
苦行も呪文もスピリチュアル知識も学びも要りません。

自分の有り様そのものが、時には使命の遂行にさえなり得ると言う事なのです。









[PR]

by farmemory | 2015-06-22 12:27 | ・ミッション | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/24295288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まーりん at 2015-06-22 18:34 x
昨日の「美しい緑の星」の勉強会、高橋さん、みなさん、ありがとうございました。参加者の中で、映画を観た後に体調が悪くなった、という方がおられましたね。それについて代替医療のほうから知識をシェアさせていただきたくコメントいたします。

それは一口に言うと、好転反応と呼ばれるものです。
身体回復の初期に、不要なものを解毒・排出したり、細胞(筋肉や関節)の位置を変えたりするために、下血や痛みが起きることがあります。なんというか、からまった網をきちんと機能させるために、もつれた部分を一旦解いてしまうようなことをします(ときには、もつれ部分を切って捨てたりもします)。
整体やマッサージでの好転反応は、主に身体的なもののようですが、実際には、身体だけでなく、感情や精神にも起きます。
人間のオーラは、肉体<感情<精神<魂の順に周波数が高い層状に構成されています。
たとえばあの映画を観るなどして、魂や精神のレベルで共鳴が起きたとき、そのレベルに見合っていないエネルギーは放出されることになりますが、そのときに魂・精神⇒感情・肉体という放出経路をとることは多いのです。たぶん、低いレベルに順々に落としてから排出するほうが効率よくエネルギーを流せるのだと思います。
肉体からエネルギーが排出されるとき、その人に応じた部位から・その人に応じた方法で、物理次元での反応が起きます。

映画を観た後に痛みがあった方々は、うれしいことではなかったでしょうし、心配もされたでしょう。
しかし、実は自分の身体も心も魂までもが組み変わったということを「身をもって知ることができた」わけです。
なかなか貴重な体験だったのではと、思います(^_^)

なお、観ている間や後に眠くなる、というのも、心身の深い部分で調整が入っているということで同じように好転反応とみることもできます。

ちなみに、好転反応とただの悪化との違いは、自分に聞いてみるとよくわかります。ホメオパシーでの好転反応では、「(痛いけれど)気分はいい」という感想が多いです。これでよくなる、ということを、身体は知っているのです。
Commented by ももんが at 2015-06-22 20:31 x
マーリンさん、ありがとうございます
私は、美しき緑の星を見ているとき、眠くて眠くて、主人公の女性の母星の場面では、なぜか懐かしくて懐かしくて泣きそうで、何日もかけて見ていました。
好転反応だったのでしょうか、本当にありがとうございます!
今日、6月22日も、なぜかだるくてたまらなかったです...
Commented by hitochi at 2015-06-23 01:06 x
ありがとうございます(*☻-☻*)
本当にその通りですね‼︎
自分の有り様そのものが、時には使命の追行にさえなり得る。。
THIS IS IT ‼︎ (*^^*)/
Commented by tomi at 2015-06-23 13:02 x
とても胸に響きました。
ありがとうございます。
Commented at 2015-06-23 18:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by すずめ at 2015-06-23 23:09 x
助けてくださってありがとうございます。。。気持ちの浮き沈みが交互にきて、不安にかられたり、嬉し泣きしたり。
高次に向かうと決めた私たちを これからもどうか見守っていてください。。。 どうか どうか。。。合掌。
Commented by さとこ at 2015-06-24 00:07 x
元気をいただきました、ありがとうございます。

いつでも自分の感覚をたいせつに生きて行っていいんだな、と教えて頂いたようです。
なにか大きな事を成し遂げるということでもなく、特技もなにもない自分に自信がもてない事がたびたびありましたが、そうじゃないんですね。わたしはわたしでいていいんだと言ってもらえたようです。
わたしはとても未熟だけど、
イエス様や、お釈迦様のようなあたたかい人間になりたいです。
Commented by いずみ at 2015-06-24 08:20 x
いつもありがとうございます。
記事の内容が私にとって、とてもタイムリーでした。
いつもビックリです。
あとその一手ですべてがひっくり返ると思えた時、
人に伝えようと働きかけてしまう事、やめられませんでした。
その衝動を抑えられませんでした。
今回の記事は、私の衝動を鎮めてくださったように思います。
リラックスして今を楽しみ、日々を過ごしたいと思います。
いつも本当にいいお話をありがとうございます。

Commented by ユカエル at 2015-06-24 18:31 x
私のお客さんに、鬱を患っている方が何人かいまして、気分転換を兼ねて来てくれているようで、「あなたがここにいなければ私はたぶんここに来ない」と言われました。元気になれるからここに来るのって。

私は高橋さんのブログから元気をもらってる。
自分自身を全肯定で受け止められるようになるまで、いつも受容的な態度で見守ってくれているようで、私はいつも元気になります。
Commented by まーちゃん at 2015-06-25 10:02 x
高橋さん、先日の勉強会ありがとうございました。「今と言う時」を生きるですね。
目指せ!グータラ人生ですが、しっかり今を生きたいです。

まーりんさん、貴重なお話しありがとうございます。始めて「美しき緑の星」を見た時は肋骨辺りが痛くなりましたが、今回高橋さんの勉強会の後は右手首に痛みがでました。一緒に参加した友達も背中がマックスに痛いと言ってました。好転反応なんですね。なんだか嬉しいですね。

高橋さんに、皆さま。貴重なお時間ありがとうございました。