◆深夜の首都高◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆深夜の首都高◆

今外は静かです、こんな静かな夜、絶対的な孤独を感じます。
そしてその孤独の中に居る自分が何とも心地よく癒されて行きます。

孤独と静寂の中に居る時にこそ、見えない仲間達やガイド達の存在を知る事が出来ます。
人との繋がりよりも、この世界の縁よりも、見えない彼等との時間の中に居る自分が本来求める時間なのかの知れません。

私の安らぎは「圧倒的な孤独」の中に有ると幼い頃から知っていました。

人を求めません、人を頼りません、しかし決して後ろ向きでは有りません。

頼るべきは故郷の星の人々と、高次の人々。
そして自らを頼る時、全ての人との魂のループが始まると知っています。

   ・

真夜中の首都高を一人都心から横浜方面に向け車を走らせている時。

平日の深夜、高樹町のランプから首都高に乗り六本木ヒルズを越え右斜線に移り銀座方面へ、左に東京タワーを見ながら浜崎橋のカーブを過ぎレインボーブリッジを通り湾岸線に入る。

都心から西に向かう深夜の首都高湾岸線は車もまばらで、自分の運転する車の横をタクシーが矢の様に追い越して行きます。

やがて走り去ったタクシーが視界から消え、前後にはまた車一台見えない圧倒的な孤独の中に誘われます。

その孤独感はこの世界に自分一人しか存在しないのではないかと言う絶望に似た孤立感さえあります。

しかし私はその時、あらゆるストレスから解放され、緩やかな心と研ぎ澄まされた見えないアンテナが伸びて行く事を感じます。

広大な羽田空港の明かりを過ぎ、左右に見える無機質な工場群を越え、鶴見つばさ橋から横浜ベイブリッジに向かいやがで本牧ふ頭のオレンジ色のライトが見える辺りまで・・
車の中で好きな曲を流し、圧倒的孤独感の中で私は彼等にコンタクトを求めます。


スティング/デザートローズ

   ・

静寂の中に聞こえる心の饒舌。

孤独、孤高
恐れも怒りも孤独の中に静かに浄化されて行く、魂を癒す最良の時。


面白い事に真っすぐにその状態の中に居ると、不意に意識の目に大自然の湿原や、美しい丘陵、広大な海洋が飛び込んできます。

深夜の首都高と言う無機質なトンネルを躊躇う事無く進む事で、意識のスクリーンにはその対局である大自然が広がって行きます。

よって私に取っての「孤独感」は癒されない心の渇きでは無く、癒されるべき場所への道案内と理解出来たのです。

「現行社会」と言う見えないトンネルも、必ず未来へ繋がる道であると言う事を信じるに足る、夜の首都高エピソードでした。


・・・・・・


これは知人に宛てたメールの一文に加筆したものです。

これまでにも私は高次の人々とのコンタクトの際、様々な「瞑想状態」を自分で作り出し、また必要な場所に赴き行って来ました。


サーフボードに跨がりながら波待ちをしている時。
ボートを操舵して湘南沖を疾走している時。
料理を作っている時やケーキを焼いている時。
ベランダや実家の庭で、土と植物達と会話をしながら過ごす時。
屋上で夜空の下静かな時間を一人過ごす時。


そして、もう一つ私に取って大切な瞑想状態が
「孤独の中に居る時」なのです。
それがとても「好きな」時間なのです。

瞑想状態と言うと、意識が薄れて行ったり、他の事に意識が向かない程集中する事と思いがちですが、車の運転時にそうした状態は考えられません。

瞑想は日常の覚醒状態(起きて、意識もしっかり持っている)の時であっても何ら支障無く行えるものなのです。


そんな状態の時、極めて容易に彼等とのコンタクトを取る事ができます。
最近では特に何らかの状態に自分を持って行く必要は無く、こちらから呼び掛ければ「必要であれば」彼等は直ぐに反応してくれます。

しかし、もちろん会話は成り立ちません。

自分のハートの中での自問自答として受け取りますが、彼等からのメーッセージである事に微塵の疑いも感じません。

彼等は耳に聞こえる様には決して伝えては来ません。
心の中の自問自答だけでは無く、時には様々なシンクロを使って、時には人との会話の中に忍ばせて送って来る事も有ります。

自分でも何とも酔狂な事とは思うのですが、孤独な状態が一つの重要な瞑想の時なのです。


でも、寂しがりやでもある自分も・・ちゃんと認めますが(笑)


家族との温かな時間も、友人知人達と心安く居るときも、もちろんポジティブなエネルギー状態にありますので、周波数は上がっている時です。

しかし私たちは皆、独立した個別の魂として存在している状態が真の姿です。
肉体的(現世的)繋がりは、魂の視点からは真の繋がりでは有りません。
それを重要視し過ぎてしまえば執着に繋がってしまいます。


瞑想状態は出来るだけ一人で行います。
もし複数の人と行うのであれば、魂の本質をしっかり理解した上で、お互いに必要な距離感を保ち、過度な干渉や依存をする事無く行う事が有用です。

ましてグループでの集団瞑想は、個々の意識の違いから瞑想状態に入り難い事も有ります。
どうしても集団で瞑想をと言う場合には、その個々のエネルギーを調整出来る人の介在が必要な時も有ります。


真理を理解出来て来ると群れる事の無意味さが理解出来て来ます。
必要な時、必要な場所で、必要な人々と集い、一つのミッションが終了したら個々の時間と場所(一人場所、家族との団らん、友人達との談笑の時等)に散って行く。
これがグループで行うライトワーキングでもあります。


個である状態を受け入れた時、始めて真の繋がりの意味を知る事にもなります。


孤立や孤独を恐れる事無く、全ての魂との繋がりを信じ進んで行く。
その時こそ壮大に繋がったなワンネスを知り、それがどれ程温かく慈愛に満ちたものであるかを知る事となります。

この繋がりを知った時、もう日常に戻れない程の至福感を知る事となるのです。











[PR]

by farmemory | 2015-06-04 02:34 | ・コンタクト | Trackback | Comments(14)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/24206599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hirominnkyonana at 2015-06-04 06:49
いつもタイムリーなお話をありがとうございます(*^^*)
軸に戻ってきた感じです。
Commented at 2015-06-04 09:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomi at 2015-06-04 10:44 x
毎回答えを頂いています。
ありがとうございます。
Commented by ももんが at 2015-06-04 12:31 x
読んでいてぞくぞくしました。
大好きなstingのDesert Roseもゾクゾクします。
圧倒的な孤独と夜景と夜空とにシンクロしました。
Commented at 2015-06-04 16:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ユカエル at 2015-06-04 20:56 x
孤独の中に、完全に自由な心の状態が生まれます。
皆で一緒に一丸となって、というのは物理的な強さを感じます。
私は自由に勝手気ままなスタイルで、気付いたり、感じたり、自問自答してみたり。でも、思考を停止させるのは難しいですね。
私がビジョンを見るのは睡眠から目覚めた直後か、入る直前の数十秒の束の間で、瞑想しているときではありませんから、思考は停止にほぼ近く、ただ見ているだけの状態です。
それで、見たものに対してまたその後内向してみたり。
あ、高橋さんに伝えてみたりも。

今日は風が強くて、空を見上げたら雲の一部分がわっかになってて、ポータル?とか思ってたら、そこに虹が横一直線に出てきました。
10分もしないうちに消えちゃいました。

ところでケーキも焼くんですね!
私もお料理頑張ろうかな!
Commented at 2015-06-04 22:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-06-04 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きな子 at 2015-06-04 23:10 x
そういう点でいえば、私はいつも孤独の中にいます。一人暮らしなので家にいるときはもちろんそうですが、人と一緒に居るときでも、心(意識?)はいつもひとりです。わたしにとって一人の時間は生きていくのに必需品ですが、今は人と深く関わることのない日々が続いていて、せっかくここに人間として存在しているのに、これってもったいないんじゃないかと思うこともあります。
今朝、わたしも輪っかになった雲を見ました。ドーナツのような雲の真ん中に太陽が輝いていました。不思議な光景でした。
Commented by えりん at 2015-06-05 02:04 x
今回の記事、すごく共感しました...!
最近、漠然と感じていた事を文章にしてくださった感じです。
Commented by コン at 2015-06-05 06:59 x
 福島のコンと申します。子供の頃から何故かずーっと孤独な人生を送って来ました。不思議なことに、家族ですら近くにいられると苦痛でした。当然まともな学校生活などおくった記憶などありません。
 今回の記事を拝見して、少し癒された感じです。

 余談ですが、昨日UFOらしきものを生まれて初めて目撃しました。夜勤の仕事に向かう途中、時間にしてはホンの1~2秒でしたが、「半分だけ発光している飛行物体」がスーッと飛んで消滅しました。福島空港とは反対側でしたし、「流行りのドローンか?」と思いましたが。
 本物だったら嬉しいですね~(^^♪
Commented by tmk at 2015-06-06 12:00 x
全く同感です。
朝気持ちよく目覚めてまどろんでいるとき、メッセージを貰うことがここの所度々あります。
自分の勝手な思い込みから解放されて、また次のステップへといける時です。
Commented at 2015-06-07 19:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-06-08 17:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。