◆起動ミッション◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆起動ミッション◆

ーー前回の夢お話の続きですーー
(仲間達と巨大客船をハイジャックすると言った夢でした)

この後、余りに面白い夢だったので、その夢の続きに起床後更に意識を向けてみました。

そうすると、それが夢では無く意識体での現実の体験だった事が分かって来ました。
夢は象徴的なドラマ仕立て、しかし覚醒状態で見るビジョンはとてもリアルです。

巨大船の碇を上げ、静かに漆黒の深夜の水面を進んで行くと、いきなり全方位に宇宙空間が広がって行きます。
そこでこの船が「宇宙船」で、この操舵室は艦橋の中だと分かります。

その時には皆アニメの主人公ではなく逞しさを感じる人に変わり、各自ユニフォームらしき衣装を身に着けています。

そして私達はこの宇宙船をハイジャックしたのでは無く、太古の昔この地球に着陸させ、そこから遠い未来に必要となるその時まで静かに眠らされていたその船を起動させる目的で船内に入った事が分かります。

夢の段階では、自分の知る者は10名程度の人達だけでしたが、私達がこの船に乗り込み、船を起動すると(先ほど手にしていた発信器と思っていたデバイスがこの船を動かすための、言わば始動キーだった様です)艦橋にも、目の届かない他の居住区にも、多くの人の存在が感じ取られて来ました。

そして更に多くの知人たちも乗艦している事が分かって来ます。
また私自身様々な天体に転生して来た、その時々の仲間さえ感じられています。中には過去の天体で愛し合った人や家族だった人もいます。

この船の起動は遥かな約束のミッションの開始だった様です。
今までも、そしてこれからもこうしたミッションを、肉体を持って各地に赴き縁のあった人々と行ったり、又意識体の状態で行っていったりするのでしょう。

実は先々週、思いあたる事が有りました。
又違う知人達と葉山の海にクルージングに出かけて来ました(これはリアル体験です)
このクルージングは、感覚的にミッションだと感じた事から実現した事なのですが、このグループの中の一人(女性)が、湘南の海底にあるシリウス基地にある何らかの機器を起動をさせるために向かった事を理解していました。
海上からであってもこの方の生体エネルギーが必要だったと言う訳です。
彼女はシリウスとの深い繋がりのあるリラを故郷に持つ方でした。

この日はあいにくの曇天で、葉山の沖は風こそ無いものの肌寒い日でした。
雲が低くたれ込めていたので、皆残念に思ったのですが、今回も又何らかのミッションと言う事を思い起こした時、何故曇っていたかが分かりました。
雲は雲もであり雲では無かったのです。
雲の様に見える気象状況を造り出し、私達の乗る船を「カモフラージュ」してくれたための雲だった事が感じ取れました。

それを物語る様に、超低空でこの短いクルーズの間中、軍用機に擬態したヘリコプターが上空を旋回し続け、まるで船の護衛をしてくれる様に寄り添ってっていてくれました。
用が済むと、はっきりと視界の中で「消滅」して行くのを皆で確認出来、擬態ヘリであった事も分かりました。

そしてこの葉山のミッションが今回の夢に繋がって来たのです。
またこのミッションは、前回京都の八坂神社で行った富士の活動を可能な限り軽微にすると言った地球へのアプローチでは無く、スペースファミリー達との連携だった様です。

意識体だけで肉体を持たない彼等には出来ない事を、肉体を持つ私達人類が担当する。
そしてこの地球を取り巻く宇宙空間では、肉体を持たない彼等なりの仕事を続けている。
その後意識体同士で共同ミッションに繋げて行くと言う事なのでしょう。

もちろんこれは夢では無く、意識体としてリアルに体験した「事実」だと確信しています。
先ず生体(肉体)を持つ状態で必要な場所に赴き、そこで出来る見えないミッションを行い、その後意識体で行うミッションに続いて行く。
そうしたシナリオでした。

恐らくこうした「船」の起動は世界各地で、多くのライトワーカー達の手で行われている筈です。
また地上や地下にある様々な機器やクリスタル(水晶)達も今、長い眠りから覚め始めていると感じています。

そしてミッションと言う様に、これからも未来に向けた様々な「作戦行動」が何度も何度も各地で、名も無いライトワーカー達の手で積み重ねられて行くのでしょう。
たった一つのミッションの遂行で、次元の大きな扉が全開になると言う訳ではないのですね。

「先ずは船を起動させる」今回の夢の意味が理解出来ました。

きっとまだまだたくさんのワークが待っている事でしょう。
これからも単独で、時には遥かな約束をして来た仲間達と様々なミッションに携わって行こうと思っています。
それを思うと静かに興奮して来ます。

ではではまた!








[PR]

by farmemory | 2015-03-12 11:39 | ・コンタクト | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/23669557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-03-12 14:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ユカエル at 2015-03-13 18:34 x
先月か、1月だったかもしれないけど、船のビジョンを一瞬、寝起きに見ましたよ。
ん?今のはなんだ?くらいのもんでしたが、
まるで滝登りみたいに船頭から浮上して水面に出てくるビジョン。 意味がわからなかったので、特に気にとめてなかったです。
前に船が沈むビジョンも見てたので、古い意識が沈んで新しくバージョンアップしての再浮上かな~なんて思ってましたが。

最近見る夢の世界は、言葉で表現するのが難しいところがあって、でもその想いとか感覚の方が強く残ります。前に話した土蜘蛛と呼ばれた彼らの暴れ方は、エネルギーごと体当りしてくるような激しさでしたし、
なんとかしてやらなけば!という気持ちでした。
そして私の口から出た言葉が、あなたの行いで生きて証しなさい、でした。
再生を促すためにそこへ行ったんだと思っています。
ライトワーキングにもいろんなスタイルがあるのかもしれませんね。