◆小鳥と柿の木◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆小鳥と柿の木◆

c0319737_21591779.jpg

先日杉並の実家の柿の実と柚を収穫しました。
特に柿は今年大豊作、縁側に溢れる程の柿の山が出来ました。

収穫作業中、空高く小鳥が何度も高い声で鳴きながら飛び回りました。

「柿を全部もがないでね」

小鳥の鳴き声でしたがはっきり、そう伝えて来ました。
そこで

「分かってるよ、ちゃんと残して置くから」

そう言うと、うるさく鳴いていた小鳥が急に静かになって何処かに飛び去って行きました。
安心したのでしょう。

元々いくつかの柿を鳥のために残しておこうと思っていたので、人の手の届かない高い枝にある20個程の柿をそのままにしておきました。


そうして作業を終え、脚立を片付けようとした時,不意に柿の木が語りかけてくれました。

「ありがとう。私(柿の木)は誰か決まった者のためだけに実をつけているのではあありません、皆で分けてくれてありがとう」

今年は弱った父に代わり、私が丹誠込めて柿を育てました。
この柿の木はその想いに答えてはくれましたが、その実全てを私に与えてくれたのでは無い事が良く理解出来ました。

c0319737_2201068.jpg柿を育てた事で、その実が小鳥達を育てたのだと言う事も理解出来ました。

今日は、何か絵本の様な、人によってはメルヘンチックな取るに足らないお話しだったとお感じの方も居られるかも知れません。

しかしこれは私が経験した紛れも無い事実です。
小鳥の言葉、柿の木の言葉、私自身間違いなく「翻訳」出来たと思っています。


少し驚き、少し嬉しい一時でした。








[PR]

by farmemory | 2014-11-30 22:04 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/23145219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-11-30 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by warmpuppy at 2014-11-30 23:35 x
うちでも、親戚からいただくたくさんのみかんのいくつかを庭の木の枝にさしておいてあげると、普段街中ではあまり見ないような鳥さんたちも姿を見せて、とてもにぎやかにさえずっていってくれます。とても幸せになれる光景です。
Commented by プレアデスソウル☆あーちゃん at 2014-12-01 01:00 x
『しかしこれは私が経験した紛れも無い事実です。』

深く共感いたします。
皆それぞれが『私』に対する自信を取り戻せた世界は素敵ですね☆

画像からも、瑞々しい柿と柚子のエネルギーをいただきました。ありがとうございます☆
Commented by なお1960 at 2014-12-01 01:45 x
こんにちは。
素敵なお話しをありがとうございます。
日本を離れてスウェーデンに住んで3年経ったのですが、こちらで柿を見るたびに日本を思いだしております。

秋の日の東京の天の高さを思いだし、鳥と柿の木が高橋さんに語りかけて来たことに想いを巡らせました。なんだかこちらまで嬉しくなりました。写真からは柿の優しさと、ゆずの瑞々しさが伝わってきました。
素敵な出来事をこうしてみんなに分けて下さり、ありがとうございます。
Commented at 2014-12-01 05:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-01 14:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ももんが at 2014-12-01 15:30 x
とっても素敵ですね。
主人が育てていた薔薇の花が、家の解体と一緒にみんな処分されてしまいました。
ごめんね今迄ありがとうと話しかけましたが、むこうの言葉は勿論わかりません。
私も言葉がわかったら良かったのにと思いました。
Commented by ユカエル at 2014-12-01 15:58 x
瑞々しく弾けるような体験が伝わってきます!

先日、ある高年のお客様との会話で、あなたは私の娘程の歳なのになぜ分かるのかしら?娘にでさえ、気持ちが通じ合わなくて、なんでわからないんだろう?って思うのに、こんな風に話し合える人ってなかなかいないと言われました。

たぶん、同じ想いを知っているからシェア出来る。
相手の想いが自分の事のように、シェア出来る喜びに感謝。
小鳥も同じように、なぜわかったの?って、思ったかも??(笑)
Commented by のっぽひで at 2014-12-01 18:12 x
ん~柿が食べたくなりました^^

今回の内容とはまったく違う私事なのですが・・・

先日、「台北国立故宮博物院 特別展」が近くの博物館で開催されてて、11月末までの開催期間ギリギリで間に合い観ることが出来ました。
今回は東京とここ九州でしか開かれないと聞いて、何とか時間調整をしました。

窓の開いたツボの内側にもう一つの別のツボ、そしてそこに描かれた金魚の絵。
はたまた緻密に且つ鮮やかに描かれた巨大な刺繍画。
そして水晶?から彫り出した”人と熊”・・・・・
うまく云えませんが、「宇宙」というか「高次元」を感じました。
平日で人が少なかった分、ゆっくりと2時間、「異空間」を堪能することが出来ました。
Commented at 2014-12-01 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miyo at 2014-12-02 15:03 x
自然との共存って、大事に考えると何もできないなあと後ずさりし、身近な事で!と思っていても「柿の実を残しておこう」っていうような発想すら起こらなくなってる自分に気づき・・・(-_-;) そうようね~と心に潤いをもらった気分です。ありがとうございます♪
Commented at 2014-12-02 23:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-03 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-03 22:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まーりん at 2014-12-04 21:56 x
素敵なお話に、思わずコメントさせていただきました。
縄文の頃は、このお話のように、みな木々や動物と話しながらドングリを拾っていたんじゃないかしら・・・
それにしても、植物はすごいですね。マンガで錬金術の法則は等価交換だとありましたが、それどころか無から有を生み出すかのごとく、気前よく種や実を与えてくれるのですね。

柿やゆずの分け前、写真を拝見しているだけで、とても心豊かな気分です。おすそ分けをいただきました。
ありがとうございます。
Commented by エーデルワイス at 2014-12-10 22:52 x
今年の我が家の柿も成り年でした。何回かご近所にお配りし、子どもたちにも届けました。そして、葉がほとんど落ちた日に最後の柿もぎをして、20数個を鳥に残しました。もうこれ以上取らないからね、と心の中で言って終わりにしたとたん、急いで食べにくることはなく、10日以上経った今も数個残っています。ゆずはもっと熟れるのを待っているようです。きんかんももう少し日数が必要です。実のなる木は人も鳥も豊かにしてくれますね。いつも素敵なお話をありがとうございます。