◆起こすべき奇跡の形◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆起こすべき奇跡の形◆

奇跡は起こせます。

ただ平穏な日々に暮らす平和な場所、日々、生活の中に居る人には変化は見えにくいかもしれません。
何故なら、既に平和の中、安らぎの中に居るからです。

目に見える奇跡や変化はそのような場所に起こるのでは無く(起こっていても既に重要である平穏な状態に至っていますので)
紛争地帯、飢餓の土地、人心の荒廃した場所に目に見えた変化が起こる筈です。

私たち人類が今一番に具現化すべき奇跡は破壊の世界からの離脱であり平和です。
先ずはこうした場所に可及的速やかなる進化、変化が必要です。

その場所では、幼い子供や女性達が銃を手にし、人に銃口を向け引き金を引いています。
今私たちの住むこの国に変化や進化が起こるより先に奇跡が必要でしょう。

日本人にとっては、自分が実弾の装填された銃を手にし、あまつさえその銃口を人に向けるなど考えられない場所に暮らしています。
近隣諸国からの圧力と言う言葉は聞けども、今現在私たちはその平穏の中に生きています。

しかし分紛争地帯では間違いなくそれが既成の事実として起こっています。
その地では人が銃を持たなくなると言う、私達に取って当たり前である行為が「奇跡」なのです。

私達が目にする「新しい政治体制や経済、宇宙人との交流、新の宇宙的生き方の到来」という奇跡を願う前に、銃など手にしない奇跡がその地に起こる事が先でしょう。

それでも、それらの地にさえ変化は起こっています。
一昔前には大国の利害だけで易々と「戦争」は「仕掛けられ、煽られ」引き起こされていました。
しかし今は不遜な者達がどれ程戦争を仕掛けようとあがいても、ウクライナでも中東でも、ここ極東でもどれ程危険を煽ろうとも地域的小競り合いを超える戦火の火ぶたは開かれる事は無くなって来ています。

これが大きな変化であり、進化であり「奇跡」の一端である事に目を向けてみて下さい。

祈るべきは、幼子が、妊婦が、銃など持つ事の無い世界を思い描く事でしょう。
そして自分達の住まう場所に戦火を呼び込む想念を持たない事も重要な事です。

   ・

将来私たちはスペースファミリーとの現実的なコンタクトを取る様になるでしょう。
しかしまだ、それを希望しない者達も(ひところの力は見る影も無い様ですが)存在しています。

しかしスペースファミリーは私達には創造すら出来ない程の高いテクノロジーを持っています。
何も知らない(知っていてもそれを隠して)軍関係者が、恐怖から彼等を攻撃しても、彼らスペースファミリーは、人類に対して報復など決してしません。

武器自体を「無効」にするだけです。
近代兵器はデジタル制御された端末機械で成り立っていますので彼等に取ってそれらの端末を起動させない事など雑作も無い事です。
しかもそれらハイテク武器だけでなく、鉄砲の引き金が必要な時間動かなくさせてしまう事さえ出来ます。

彼等は自分達に向けられた銃口に対し、決して銃口など向け返しません。
ただただ「使えなく」するだけであり、戦意を無くした時、全ての「無効」を解除し何事も無かった様にシステムを復旧させます。
そして隙を見てミサイルの発射ボタンを押してしまおうと目論んだ途端、瞬時にそのシステムは再度ダウンします。

今までにも何度となく世界に混乱を巻き起こそうと、打ち上げられたミサイルが失敗したり、発射する事が出来なかったり、何者かに撃墜されたり、また発射されても人の住まう場所への着弾は無いと言う事実を私たちは知っている筈です。

過去ロシアの上空で隕石に偽装した物体が空中分解した事や、カリフォルニア沖で何者かが海中発射したミサイルが撃墜されたり、極東でも起こそうとしていた核実験が起こる事が無かったりしている事も彼らの阻止によるものなのでしょう。

そして、スペースファミリーは誰一人傷つけるける事無く、軍人のプライドも傷つける事無く戦火を起こす事を阻止してくれています。

世界的大戦は新しい次元に進む人々の次元軸では起こることはないでしょう。

しかし、今起こっている地域紛争は、悲しい事ではあれど、その地のカルマの清算の為に起こっている事なので、彼等スペースファミリーは手出しが出来ないのです。

地域紛争はその地に生きる人々の自由意志が反映されています。
つまり「言い分」がある訳です。

しかし世界を巻き込む大戦には論理すら無く、国家間の「経済的利害」により起こされます。
「勝った側の」論理が横行すると言う大義も言い分も存在しない「国家的暴力」です。

ですからここに関しスペースファミリーは天より介入を許可されています。

しかし彼らのテクノロジーでこの地球上から破壊兵器を排除しても何の意味も無い事です。
圧政に苦しむ人民の解放を血の革命で成功させる事は出来ないと言う事と同義、目には目をの意識から離れる事。
彼らが願う事は、私たち人類一人一人の内面的変化であり、それが真の奇跡なのだと言う事を伝え来ています。

    ・

話を戻します。
いずれ地域紛争地帯にも確実に銃を手にしない人々の出現と言う「奇跡」が起こって来ましょう。
日々暮らす中で、何処からとも無く飛んで来る銃弾の雨。それを知らない私達に取っては、子供が銃を持つなどと言う事はあり得ない話です。
しかし現地ではそれが日常であり、それが無くなると言う当たり前の事さえ「奇跡」なのです。

地球は一つです、平和の平均化も必要な事でしょう。
ですから私達の目に見える変化が少し先になっても、紛争地帯での幼子の手から銃が手放される「奇跡」こそ先に起こるべき事なのでしょう。

私たちには力が有ります。
それを思い出した皆さんは願う事から更に一歩進み、自らの力を信じ平和な地にするためご自身のお力を行使頂ければと思います。
その方法は、既に自分の目の前にある地球儀の中では悲しい紛争地帯は存在せず「能天気」と言われようと美しい地球だけががそこに存在している事を思い描く事です。

私たちには「奇跡」を起こす事さえ出来る力の有る事を信じ、思い出す時が来ています。







[PR]

by farmemory | 2014-06-30 16:37 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/22301312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ギンネコ at 2014-06-30 20:01 x
ありがどうごさいます。
祈りからさらに進み

能天気を思い描きます。
Commented at 2014-06-30 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by とと at 2014-06-30 20:52 x
平和の平均化ですね。
とても大事なお話ありがとうございます。
武器をもって争いがある国から武器や争いが無くなることにより
周りの紛争も減っていくんでしょうね。
祈ること。
祈り続けることで光になり大きな力になりますね。
言葉に言い表しができないほど、胸が熱くなりました。
Commented at 2014-06-30 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きな子 at 2014-06-30 22:56 x
とても心強いメッセージです! このところ新聞などでこの国や世界各地での社会状況の流れを伺い見るに、どうしてもネガティブなイメージ・無力感に捕らわれがちでした。今夜から、瞑想するときには愛の光に包まれた地球をイメージすることにします。私たちにはそれが出来ます。
Commented by コン at 2014-06-30 23:28 x
 元自衛官です。私が一番悩んだのは、「国防」よりも部隊での人間関係でした。ゆすりたかりに暴力、パワハラは当たり前です。国レベルよりも、「個人が平和になること」こそが根本であると今更気が付きました。キリストが社会システムについては何も言わず、個人の在り方にだけ言及したのはそのためかも知れません。
 現に社会システムをどうにかすれば楽園がおとずれるはずの共産圏の数か国は指導者が大虐殺を行っております。それは指導者が個人として問題があったからでしょうけど。
 ガンジーやマンデラは個人として強大な権力と「平和的に戦い」勝利しています。それこそ奇跡です。
Commented by hitochi at 2014-06-30 23:43 x
「奇跡を起こす事さえ出来る力の有る事を信じ、思い出す時が来ている」
答えを頂きました。
もう、びっくりです…
ありがとうございます。
奇跡のために頑張ります。


Commented by スピカ at 2014-06-30 23:50 x
能天気に美しい地球を思い描くこと、これが私の力なのですね。
願い、祈ることからその一歩先に進むことになるのですね
Commented by popocorn at 2014-07-01 03:15 x
今日丁度叔母に起こった奇跡の話を母から電話で聞きました。最近奇跡が本当に起こりやすくなったと話していたところです。
Commented by そら at 2014-07-01 07:26 x
全ての起こり得る物事は、神がOKを出したものだけだ、と聞いた事があります。
私は先日、
「何故、核というものを人間が作る事を容認したのか、止めてはくれなかったのか」と内の深い部分に問いました。

「私達は今すぐに全ての争いごとを止める事が出来る、核も取り上げる事が出来た(る)が、あなたたちの意思に反して我々がそれを行っても、また誰かが核を手にし争いを広めてゆくだろう。
大事なのは、一人一人が自身で真剣に心からの平和を求めてゆく事だ」

そのようなメッセージを感じました。
神様達は幼子の親のように、子供が自身の力で成長してゆくのを辛抱強く見守ってくれているようです。
何もかもを手助けしたら私達の為に成らないからです。

星ひとつ崩壊するような「体験」も、成長や気づきの為には必要であった時代もあったかも知れませんが、より高い意識に進もうとしている今、そのような破壊的な出来事は世界規模では起こらないであろう事を感じています。

真の平和が構築される事を、争い傷つけ合う世界、そこに住まう人達がそれらから解放され、心からの安堵と笑顔で過ごせる世界の実現、移行を願い…祈りたいと思います。
Commented by Kazu. at 2014-07-01 11:26 x
ほんとうに、そうだなと思います。さらなるステージの変化を実感しています。


先日は、4年ぶりにリーディングをありがとうございました。
たくさんの事がありましたが、
なんとか此処まで来ることが出来ました。


「自分の力を信じて」使っていきたいと思います!
Commented by いずみ at 2014-07-01 21:02 x
いつもありがとうございます。
わたしも胸があつくなりました。
自分のうちなるちからを信じて祈りたいと思います。
Commented by ユカエル at 2014-07-01 23:35 x
では、まず頭の中をお花畑にして、、。

銃をお花に変えましょか。
それともキャンディに変えましょか。
そしたら涙は小鳥になって歌います。
笑ってるよ、みてごらん。

早速能天気瞑想実践中~(笑)。
Commented by どんぐり at 2014-07-02 11:46 x
集団的自衛権ね話がでてきてから、なにか
きなくさくなってきてる気がします。まあ
これから日本もスピリットの面でためされていく気がします。平常心をたもちます。
Commented at 2014-07-02 22:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by TMK at 2014-07-03 10:48 x
いつも地球に平和で暖かい光のオーラが覆っているイメージを思い描いています。
意識の重要さをとても感じています。