◆弥勒の世の誤解◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆弥勒の世の誤解◆

記事の最後に追記があります

小さな物事ばかりに目を向けず、もっとスピリチュアル的な意識を持って人類愛や、地球を守る意識を持ちましょう。
この意識はちろん間違いでは有りません。

家族を愛し、日々の生活を大切にしたいです。
子供の事、伴侶の事、家族友人の事、恋人の事、仕事の事、お金の事、それら狭い意識の中で幸せを感じていても良いのですか?
これももちろん間違いでは有りません。


今後起こる事は全て未来に続く道です。
「全ての事象を受け入れる」この意識だけは常に心に持ち、日々の生活に生きて行きたいと思っています。

どこかで道を間違えてはいないか。
もっと自分に厳しくしなければならないのではないか。
唯物的な目だけを持って社会にしがみつこうとする人を見ると憤りを感じる。

この様に思う事も決して間違っている訳では有りません。

しかしあまりにそうした意識の中に埋没してしまい、穏やかに過ごす事が大切な筈の毎日にストレスを持ち込んでしまっては、むしろ自分の乗る船の速度を落としてしまう事にもなります。

怒りや不信と言った意識を自分の内に生み出してしまうのであれば、むしろスピリチュア的な意識から一旦離れて見る事も悪くは有りません。

スピリチュアと言う言葉は両刃の剣です。

全てをスピリチュアル的解釈でしてしまう事は行き過ぎとなる事さえあります。
この世界は天により完璧に運営されています。
と言う事は言い換えれば全てがスピリチュアルなのです。

これは現実、これはスピリチュアルと区別出来る訳では有りません。
次元上昇する為の条件等有りませんし、既に全ての人の道は確定している筈です。
ですからどのように毎日を過ごそうと、その決定は覆る事は有りません。

弥勒菩薩がブッダの入滅後56億7千万年後の未来に降臨し衆生を救済すると言われています。
あまねく一切の衆生を弥勒の力で救済し、この世界を仏の世に返すと言う弥勒伝説で、正にメシア待望論です。

しかし、ここには大きな思い違いがあります。

弥勒の光臨を願うと言う事は、他力に自分の人生をゆだねると言う事であり、自分の力を信じず、自分を導いてくれる救世主の出現を願いそれに追随する。
これは自分の人生を他者に投げてしまうと同義です。

弥勒の世とは、弥勒が説いた「真実」を実践出来る希望の未来と解釈し、決して他者によりもたらされ、与えられる世界ではないという事をご理解下さい。

スペースファミリーは慈悲深く私達の成長を見守り、時にバックアップもしてくれてもいます。
しかし宇宙人への過度な期待も、これと何ら変わらぬ意識となります。
この世界は個々人の「想念」で形成された世界です。
そうであるのなら、逆に言えば「自分が変われば周りも変わり、変化も訪れる」という事でもあります。

変化が無いという事にもどかしさを感じるのであれば、これはチャンスでなのかも知れません。
「今自分が変われるその時だよ、大きな流れがやって来るよ」

そう言われている事と同じでもあります。

「自分は変わらないけど変化だけは来て欲しい」
私は自分自身に「そうじゃなく、今が変化出来るチャンスだよ」と言い聞かせたいと思います。

弥勒の世とは正に愛の世界と言えましょう。
しかし愛は要求し、願い、奪い、代償を求めるものでは有りません。
ただただ無償のものです。

「でも相手の想いだって欲しいです」そう思う事もありますか?
それならそれでも良いのです。
それを低い意識と断罪しない事も愛なのです。

弥勒の世とは、突き詰めれば自分の中に造り出す理想郷であり、その理想郷が持つエネルギーが自らの周りに広がり、真に未来を手繰り寄せるという事にもなります。

これを「観念論」と感じになるか、それとも真実だと理解出来るかも又、チャンスなのかも知れません。

<追記>

自分が変わらなければ、そう記載ましたが、ここに追記をします。

「変わらなければ」とあまりに強く思い過ぎたりするとそれもストレスになります。
又変わると言ってもどう変わっていいのか分からないと言う方も居られるでしょう、変わるとは「宇宙の真理」に基づいた生き方と言う事なのですが、それも少し難解かもしれませんね。

今私達は変化の過渡期にあります、その変化はもちろん自分の内面にも及んでいる筈です。
この変化は自らのハイヤーセルフが見えない所で自分に仕向けて来ます。

ですから「変化しなければ」と言う言葉に加え「変化を受け入れる」を追記します。

今自分にやって来ている「今までとは違う事象」を受け入れると言う事です。
身の回りの人々、自分の体調や現実的な変化(仕事、環境、家族友人、趣味、自分の考え方、好き嫌い、食事の傾向、睡眠時間等々あらゆるもの)を先ずは受け入れると言う事です。

一見退行していると感じる事が有っても、低い意識に戻ったのかと思ってもそれに抗わず「今は」受け入れてみて下さい。
表層上、全てが未来に続く輝かしく、肯定的で建設的なものであると言う感覚を受けない事もあるかも知れません。
しかし表層の自分では理解出来ない深い所で自らのハイヤーセルフが行っている「お仕事」でもあるからです。

また、大手マスコミに関してですが、今まで明らかに情報を操作し人々にマインドコントロールを仕掛けて来る元凶と理解していました。
しかしここに来て、ほんの少しずつですがその呪縛から抜け、真実に触れる報道をする「者」が現れ始めている様に感じます。

恐竜(爬虫類)全盛の時代に、見る事も出来ない程少なく小さく力もなく、恐竜達の陰に怯えながらも密かに生きて来たほ乳類が、その恐竜の絶滅の後この地球の代表者となりました。
今のマスコミの中にも、間違いなく心を持ち勇気ある「報道者」も居られる筈です。

自分の居場所で立ち上がろうとされる方々に見えないエネルギー、想いを送りたいと思っています。
そして自分もまた、自分の立ち位置で自分に出来る事、真実に基づいた生き方をして行こうと決めています。

全ては明日に続く道、そう受け入れてみたいと思っている所です。









[PR]

by farmemory | 2014-05-06 00:06 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/22086163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あや at 2014-05-06 01:03 x
ジャッジしない生き方をする・・・全てが必然で、肯定できる、
穏やかな心でそうありたいです。
Commented by コン at 2014-05-06 08:36 x
 オポノポノは「人生で起こることは100%自分の責任」として、メモリーを消去し、自分の中にシャングリラを作り出すものとレクチャーを受けました。人を変えようとするのではなく、断罪するのでもなく、ただクリーニングする。あと、ハワイの人々の祖先は他の銀河系からやってきた、という話を最近目にして、ちょっとびっくりです。
 クリーニングを続けて数年になりますが、周囲から攻撃的タイプの人間がどんどんいなくなってることに今更気が付きました(笑)。
Commented by 竹取物語 at 2014-05-06 09:01 x
つい最近、とても分かりやすい出来事がありました。

人生において全くやる気がなくなり夢も目標もなく、あげくの果てには「もしかしたら癌になってしまったかもしれない…」と、仕事中もプライベートもエネルギーが低迷していて生きる気力が完全に失われていました。

それを続けていたら、仕事であり得ないミスを発生させてしまいました。
それで改めて気付いたのです、「本当に自分の人生を創っているのは自分だな…」と。

「私には価値がない」というのが宇宙的な意味では嘘でも腹の底で信じて疑わず日々過ごしていたら、宇宙はご丁寧にそれを差し出してくれます(笑)
それが例え嘘でも善悪の判断なく提供して
くれるというということは、逆に考えると
「私には価値があり、なりたい自分になれる」
も手に入れることが出来るということだと、
体験を通して気づきました。
例えそれが最初は「嘘だ~」と思っていても。
なりきって過ごしてみたら、次はどんな現実が創られるのか… 楽しんでみようと思っていたところに、今朝の内容でした。
どこかでこの気づきをシェアしたかったので、グッドタイミングでした!
Commented by haru at 2014-05-06 09:15 x
自分が到達すべき世界に辿り着けると信じる事。
期待するのではなく。期待とは心のどこかで無理だ不可能だと思っている現れだからです。

だから期待するのではなく信じ続ける事。

信じて信じて本当に信じ続けていれば願いは叶います。

それはきっと自分の心が発言や行動になり、運命に繋がるからだと思います。

しいては自分の信じられない様な事は想わない事。

それが自分の真実に近づく事になるのかも知れません。
Commented by 蓮屋 at 2014-05-06 13:34 x
 私も「スピリチュアル」は、人それぞれ定義が違うので使い方が難しいと思います。「次元上昇」なども一緒です。
 捉え方が違う事で、嫌な雰囲気になる事もありました。今は、全てが在りだと思います。

 私も自力で変化を選びます。
 川の流れに流されるような人生ですが、
支線の流れを見付けて梶をとるのは自分です。
たとえその時に間に合わなくとも、そちらを向いていればチャンスがやってくると思っています。

自分のスピリチュアルな世界を変えるのは、生身の人間としての生き方だとも思います。

「愛」在る世界になるように行動する。

人は深い理解をしあう事は難しい。
だからこそ「許し」や「愛」「感謝」が生まれる。

ワンネスの世界では学べない大切な事。

「違う」事を大切にしたい



Commented at 2014-05-06 18:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-05-06 22:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-05-06 22:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-05-07 08:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MADOKA at 2014-05-07 23:11 x
弥勒の世については、本当にたくさんのメッセージや伝説や太古からの伝承がありますね。私たちは、何度もこの地球に転生してきた中で、きっと、今の時代に至る長い長い時を、待ち望みながら、それぞれの人生を計画どおりに生きてきたんです。
そして、今、最終コーナーを回りましたね。だからこそ、ゴールに向かって、そしてその先の光の本流に向かって、全霊で駆け抜けるとき。
どのようなことも、すべてを引き受け、自分が宇宙であることを信じ、天界の采配に委ね、幸せのラッパを自ら吹き鳴らす!
そんな瞬間は、もう、弥勒の世に自分はいるんですよね。
スピリチュアルは、常に現実の今ここにある。
素敵な記事をありがとうございます。
Commented at 2014-05-08 02:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-05-09 10:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。