◇答えの探し方◇

◆答えの探し方◆

私達の学習は、何度もの転生で真実の何たるかを知る旅を続ける事でもありました。

そしてこの大きな変化を迎えつつ有る今、私達が辿り着くべきは、答えが湧き出る「真実の泉」を探す事なのではなく、その答え(真実)を自らの力でその泉にわき出させる事です。

無闇に答えを求めさすらう事は、時として不要で無意味な答えさえすくい取ってしまう事にもなりかねません。
情報をただ記憶するだけでは意味が有りません。
まさしく「勉強」と同じなのです。

先ず自分の感覚や判断を信じてから情報を探しに行って下さい。

ただ答えを丸暗記しても、それは「理解」した事には有りません。
暗記した答えは、少しの事で動揺し、答え自体確信が持てなくなる事さえあります。

しかし、答えを自分で導き出せる力を付ければ、何故それが真実であるかを理解出来て来ます。

歴史を例にとってみましょう。

織田信長は本当に本能寺で生涯を終えたのでしょうか?
義経は本当に大陸に渡りチンギスハンになったのでしょうか?
ピラミッドは本当に人間の力だけで巨大な石を運び組み立てたのでしょうか?

これらの知識は、残された古文書や文献、伝承を元に「定説」として伝えられて来ました。
つまり単に権威集団の承諾により「正解」とされて来ただけです。
しかし、この権威集団が、ある目的を持って作為的に歴史を書き換える様仕組んだとしたら、そこには真実は有りません。
古文書や文献にあるからが正しいとの証明も、作為が有った場合不可能になってしまいます。


この世界は一人一人の為に用意された世界です。
あなたを基点にすればあなたの周り全てがあなたを支える脇役となります。
しかし私を基点にすれば、あなたは私の脇役となります。

あなたに取っての真実は、あなたが是とする事なのです。
だからこそ自分の感覚、更には自分自身を強く信じる事で答えに近付く事が出来る様になると言う事なのです。

そして、勘を働かせ、根拠を捨て去ってもなお自らの心に強く響いて来るものこそ「答え」であり「真実」です。


本能寺で信長を倒した明智光秀は、秀吉に討たれる事無く長い生涯を送り、後に家康に重用され天海僧正と名を変え100歳を超えるまで生きたと、あなたの意識の中に強く印象づけられたのであれば、それはあなたに取っての史実であり、真実ともなりうるのです。

多くの人が真実と言うから真実なのではなく、あなたの世界の中で、あなたが真実だと感知する事が出来たのであれば、それはあなたの人生に於いて真実となります。

かつてマハトマ・ガンジーはこう言っています。

「例えあなたが少数派であろうとも、真実は真実なのです」

自分で感じ取った答えではなく、例え多数意見として真実と伝えられているからとの理由では、真実を確定出来ないという事なのです。

答えを絡めとる意識の網を張り巡らせて下さい。
流れて来る有用な答えは、その意識の網がすくい取り、不要な答えは網の目から漏れて流れ去ります。

その時始めて「真実」の本当の姿を知る事が出来るのです。

答えを外に求める事が無意味な訳では有りません。
しかし自分で自信を持って感知出来た時はじめて、その答えが「何故」「どうやって」「どこから」導き出されたかを知る事にもなります。

また、自分で問題を解くこと言う事は、必ずしも見えないメーッセージを受け取れるかと言う事に限る訳では有りません。
仮に他の人が語った情報であっても、受け売りではなく自分の内なる声が「その通り!」と伝えて来れば、すなわちそれが自分で導き出した答えでもあるのです。

今日は思考を捨てて下さい、考察を脇において下さい。
そして、根拠が有ろうとなかろうと、自らの中から湧き出て来る答えに従ってみて下さい。

想像してご覧、想い描いてご覧、希望してご覧。

思い込みであろうと、夢見がちであろうと、妄想であろうと問題は有りません。
何も無い所からインスピレーションは浮かんで来るものでは有りません。

遥か遠い過去世の記憶は、魂に刻まれています。
想像は、その記憶の源泉から湧いて来ます。
あなたは無為に幾多の人生を過ごして来たのでは有りません。遠い過去の記憶の上に成り立っている事を思い出す事が出来れば、バラバラに散っていた全てのパーツが揃い、真実を知る事となります。

思い出すと言う事は、考える事でも脳に格納されているデータを引き出す事でもありません。
人には元々もつ「勘働き」と言う力が備わっています、それを信じる事です。



今日の最後に、もう一つガンジーの格言を付け加え終えようと思います。

「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」









[PR]

by farmemory | 2014-01-23 00:18 | ・今日を生き明日に向かう為に | Trackback | Comments(38)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/21530055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by to at 2014-01-23 06:55 x
答えを得ました。
どうもありがとうございます!
Commented by 森蛙 at 2014-01-23 09:25 x
こんにちは、高橋さん。

私のアセンションの歩みは(きっと)他の方と違っていて、未来の私自身からのテレパシー通信から始まったのです。

世間で言うところの大金持ちになった後、世界で活躍する私自身の言い分は理解でき、本能でこれは本物と思え、でも何故か自分と違うとも感じました。

急激な成功への道筋が、自分には似合わなく感じて、離反したのです。

最後に未来の私は、自分は消えてしまうと言ってましたが、私はノンビリ上昇したいから、非情ながら「はい消えてくれ」と決断しました。

その私自身と今の私は違うタイムラインにいるのか、パラレルワールドにいると言えばいいのか判断出来ませんけれど、ただ真実なのは、今ここにいるまだ力無き私自身を信じて別の道を歩もうとするこの自分が、本当に信じるべき自分である、と言うことです。

とは言え世間を救える力を安易に捨てた事を長々と後悔しました。

それで暴れながらも昨日、ようやく納得出来たところでスッキリして、それで今日この記事を発見出来たので、記念にコメント入れさせて貰っちゃいました。

長々と失礼しました。
Commented by piko at 2014-01-23 10:16 x
今回の記事、抽象的な内容で分かりにくかったです。

ポイントはどこなのでしょうか?
Commented by 弥栄 at 2014-01-23 10:48 x
全くもって、自分の中で腑に落ちました。
数年前から自分の宇宙の中で生きていると強く感じており、真実は自分の中にあるとも感じております。
また、今の社会は誠が嘘であり、嘘が誠であるとも感じております。マスコミに流れる内容を見ると尚更に感じ取れます。
自分ではその様に感じているのですが、自分は弱い所も多々あるので、本当の自分を信頼せずに外側の情報に右往左往してしまう場合が多く、今回の記事を見て反省させられたと同時に自分の感じていた事は間違いなかったのだと強い確信を持ちました。
自分への気付きを与えて頂き、ありがとう御座います。
自分を信じて、来るべき新次元に向かって参ります。
Commented by farmemory at 2014-01-23 11:53
知りたいと思う事を人に聞いても、書物を読んでも、完全な答えが返って来るとは限りません。
知りたいと思った時は自分の勘や、心に沸き上がる思いを信じて下さいと言う事です。
Commented by 森蛙 at 2014-01-23 12:19 x
ちょっと追加を(汗)

話の展開上今の自分を『力無き』と表現しましたが、まだ決定的でないという意味で、力は神である存在として同じく持っている、と強く納得してます。

そして私が昨日理解したのは、未来からドラえもんがやって来て静ちゃんと結婚させて貰えると聞いても、熟慮後にジャイ子が好きだから力添えいらないと断る、ちょっと違う趣味を持つ我の強いのび太君が自分だったという事です。

どっちの道を進んでも未来は同じとドラえもんでは説明されてました。私の場合、アセンション出来るのは同じことって意味だなと気づいて、かなーり気楽になったのです。

で、ノンビリアセンションを望んでる人と同じタイムラインにいる!? と驚いた方、まあご安心下さい。アセンションを意識してなくても、浄化作業続けてたら、私のハイヤーセルフなどから、もうすぐって言って貰えるようになりました。

アセンションを切望しなくとも、遣ることしてたらアセンション出来る例みたいです

自分の存在する世界って、本当に選べるんです。皆さん、楽しい未来を選びましょうね~!
Commented by sea at 2014-01-23 12:20 x
自分の中から湧き上る感覚、根拠がない確信、大いなる自分から受け取るメッセージ
もはや自我が否定することも、無視することも出来ません。
こちらの記事に、とても共感しました。
Commented by なちゅ at 2014-01-23 15:32 x
このような情報社会になって
知りたいことはインターネットで簡単に調べられる様になって

世界中の人たちがいろいろなことを言っていて

知らなかったことをたくさん知ることができて

何が本当で何が嘘なのかわからなくなったりするけど

そこにあるのはただの“情報”であって…

正しいとか真実とか
嘘とか偽りとか

それはもう、自分自身の感覚で
どう感じるかなんだろうな

と思っていて…

それで、いつもいろんな情報にたどり着くたびに

へぇ〜、ほぉ〜、ふーん

といった感じで自分の感覚に刺激を与えるのを楽しんでいます。

それで、おおっ!って来る感覚が自分にとっての、必要なものだったり、真実なのではないかと
今回の記事でそう解釈しました

結局は、自分の中にあるんだと

だから、情報はヒントであって
答えではないと

Commented by at 2014-01-23 15:52 x
エゴという言葉の扱われ方、霊主肉従こそが正道といった考え方に疑問というか、所詮人間にしか通用しない言葉遊びではないかというもどかしさを感じていたので、自分の途はこれでいいのだと改めて確認させて頂きました。

まだ全貌は見えない光のアートの一粒として、どの部分の光として、何色の光で、どの粒といつどこで化学反応を起こすのか。私はそれを毎瞬全感覚で選び続けるだけです。

ワンネスの中でそれぞれが強く輝き、その個性を活かして描く未来は、世界の全てが万華鏡になったかのように美しく壮大で、これを望む全ての存在にとって楽しく快いものになると確信しています。

たとえ命も心も魂も意志も記憶も、全てを擲ったとしても自分が自分として存在した事実は永遠に生かされ続けます。今という瞬間に意味はなくても、鼓動は確かに共鳴し、決断や痛みは過去や未来を救済し、闇は綻びを喰い尽くそうと蠢き、アートを確かに変化させているのでしょう。

創造の全てを堪能する「お楽しみ」まで、"建設中"の騒音や疲労感とうまく付き合いつつ、光り輝く世界の胎動を感じていたいと思います。いつもありがとうございます。
Commented by ふなっし~にあいたい月子 at 2014-01-23 18:24 x
闇が その都度 私の中の光りを強くしようと促します。

その チャンスが次々に来て クリアすると

はい次、とはやいのです。

これは 去年から特に加速しているように思います。

闇の波動をもつものに同調しないようにしていますが

それが 身近な家族だと 考えさせられます。

たかはしさんの このぶろぐで 客観的に考えさせて頂け

るので ありがたいのです。 ありがとう、高橋さん・・

母が 光りに戻る日まで いちばんたいせつな 自分の

中の光りを絶やさないように どの道が たのしいのか

頼りがいのあるわたしの愛しのたましいに聞きながら歩い

ていきます。

これから ますます”光りの華族(家族)”が集り始める

予感がしっかりしています。(笑)

まず じぶんを たっふ・り喜ばせてあげよっと(笑)

ひかりの家族よ、きょうもありがとうございます!


Commented by Aki at 2014-01-23 18:39 x
今回の記事は、一つ前の記事とコメントを読んだ時に私が心に強く抱いた事と一緒でした。

それは人の数だけ真実や答えがあると言う事で、今でこそあたり前の様に思えるのですが、

少し前の私だったら全く別の印象を持っていたかも知れません。

それは同情や共感、同意や理解とも違う感覚で、
「あぁ、そうなのですね」
という感じ方

もっと簡単にいうと、
「へえ~」「そう」と言った感じです。

それ以上でもそれ以下でもなくありのままに全てを受けとめる感覚です。

きっとやがて皆がそうなっていくように思えます。
Commented by ponta at 2014-01-23 20:23 x
正直アセンションが本当かどうか私も解りませんが。

子供の頃は忘れましたが
大人になって初めてではないかと思います。
[こうで、こうしなければ、ああでなければならない]
をある程度手放したのは。
要は流れに或る程度任せたわけですが
変化の過程は気がつきませんが後ほど気が付くわけです。
[いつのまにか自分は結構変ったんだな~]と
身体自身或いは無意識やハイヤーや彼らがアシストしてくれていると思います。
証明はできませんしする必要もないと思うし
そもそも今の自分など
私は[いったい誰なのか]さえ解りません。
こちらのブログや正直いって一部ほんの一部のチャネ系の情報で事後確認する事のほうが多いです。
個人的には滅多やたら情報、情報と称して鵜の目鷹の目で探し回るのはどうかと思います。気持ちは勿論わかりますが。
ただアセンションに正道は無いと思います。

今夜も彼らに感謝、感謝。故郷の彼らに。
有難うございます。
Commented by おちゃらけライトワーカー at 2014-01-23 21:46 x
今日も素晴らしい記事をありがとうございました!
「その通り!」と内から聞こえました。
Commented by いずみ at 2014-01-23 21:50 x
いつもありがとうございます。もっと自分を信じていいと後押ししてくれたように思います。
最近朝方妙にインスピレーションが湧くといいますか、意識か透明になり色々なことがすっと腑におちます。
興味深いのはああ大切なことに気づけたと思い活動を開始すると忘れてしまうことです。なんだったかなと。頭悪いなと思います。でもそれもいいのかなあとも思います。
最近よく思いますのは、現実とは実が現れたものということで、
目の前のことは、実ではなく虚だと。聖徳太子の言った世間虚仮ということではないかと。
実とはすべてを作り出している、創造している私という目に見えない働きであろうと。意識が閉ざされていた時代から、意識が解放され思う存分創造できる意識の時代に移行していくのではと思います。
仏教でいう無明というのは、人の本来の姿はパーフェクトなのに
みんな自分はどこか欠けていると、不完全なものと認識していることだと思います。もうじきその封印も解かれると感じます。
エゴは不完全感から生まれると思います。みんなエゴを目の敵にしますが、エゴは己の不完全さを補おうと必死で頑張ってくれているもののように感じます。

Commented by aita peapea at 2014-01-24 00:12 x
昨年リーデイングを受けさせていただき、詳細は日々薄くなっていきますが根幹に残ったエッセンスがまさしくこの記事だと感じました。
「自分を大切に、自分の感覚を大切に、自分が生きてきた(今世だけでなく)道を大切に」
そんな風な感覚を受け取る事が出来て、本当にありがたかったです。
この記事からもそのようなメッセージを強く感じました。重ねてありがとうございます。
Commented by 泣き虫 at 2014-01-24 00:26 x
高橋さん、ありがとう。
記事を読んで、また泣いてしまいました。
Commented by Aki at 2014-01-24 22:55 x
1月7日の記事◆ミカエルからの私への伝言◆に自らが書き込んだコメントから今回の記事◆答えの探し方◆までのコメントを客観的に読んでみると意識の変化は確実に起こっているなと思えました。

過去の自分が何か予言めいた事を言っていて実際に自らの意識がその様に変化していって何かとても面白いと感じてしまいました。(笑)

アセンション、五次元への移行はやはり内なる変化から始まるものの様に思えます。
Commented by ごはん at 2014-01-25 08:46 x
う~ん。
前記事の私のコメントを見て、書いて下さったのだと思いますが、正直に言って、まだもやもやしています。
あのコメントを書いたとき、実はヒントになるようなことを書いてくださる気がしていました。(ありがとうございます!)
読んでみて、まさにその通りだったのですが。
最初読んだ時、納得したような気がして、いわゆる「優等生コメント」を書こうとしたんですが、なんだか違うな、と数日考えこんでいます。
具体的に書きづらいのですが、自分の感覚を信じて、そちらに進むというのは今までも割としている方だと自覚しているんですが、そして、割と自分の望んだ方向へ実現できている方だとも思っているのですが(皆さんそうなのでしょうが)、自分が望もうが確実にそうしてはいけないと思える事もあるんですね。自分の望みと自分の直感が戦う感じとでも言えばいいんでしょうか?
そういう場合はどうしたらいいのか、それが分からずもやもやしています。
Commented by ponta at 2014-01-25 09:09 x
エックハルトが路上生活者になったとき世間的外見価値観と違い至福の幸福感を味わっていたと言います。お釈迦様、ジェイコブスン等(聖者はほぼ全員とは思いますが[今ここに]生きた人が何故アセンドしてないのかと思いますが
仏教に[実在]という考えがあるそうですが、私の実在のなかでは彼らは実在せず思想のみが実在するだけで彼らの実在(本体)では行っているのかなとも
それともワンネス二至る必要最小限に達ってないからなのかとも、
正直解りませんが、感じます自分で見つけろと。
因みに私は昔クラシックを聞いた時に数分あった様な。
でもいつの間にかこんな考えができる様になった、つまり柔軟に為ったのが不思議といえば不思議ですが
今でも思うわけです[ふざけるなよ、この野郎!]でもそんな自分を1週間前から許す事にしました。
でも最近の彼らの出現にはなにか親近感さえ感じます。
ひょっとしたらひょっとするかもしれませんといいつつ3年近く経ちましたが
Commented by farmemory at 2014-01-25 10:56
例えばハイヤーセルフに質問したとして、それに返事が無かったときは、それには答える必要が無い、或は今は答えるべきでは無い、タイミングでなない。と言う事もあります。

答えが無い事が答え、あり得る事です。

ですから深く詮索しても見つからない、と言う時には一旦そこから離れるのも決して悪くはないと思います。

2015年が結果の年ですか。とても興味深く、私も反応してしまう数字です。

   ・

肉体を持って生きると言う時、希望と直感が違う事はよくある事です。
選ばなければならない事は直感。

   ・

最近コンタクトを取って来る高次の人々は、確かに以前より、何か濃さと言いますか、感情的な近さを少し感じる事があります。
Commented by Aki at 2014-01-25 13:31 x
答えは探すのをやめたときに見つかる事が多い様な気がしますね。

それはきっと初めから自分の中にあったものだからなのかも知れません。

でも外に答えを求めて探し回る事も、見つからずに途方に暮れる事、見つけた答えが府に落ちずに色々と悩む事も全ては大切な学びだと思えます。

きっと無駄な事は一つも無いのだと思います。
Commented by 蒼@バイトしながら遊学中 at 2014-01-25 13:54 x
T.Abeさま

こちらこそ、いつもT.Abeさまの目の醒めるような、鮮やかでピュアなエネルギーを纏うメッセージに助けて頂いております。ありがとうございます。


「聖なる掟の樹立」…とても気になるメッセージです。

万事が矛盾せず、1つの軋轢も生まない状況を作るべく光も天も働き続けています。

しかし、それが聖なるものであろうと、自らを守る倫理であろうと、縛られることを嫌い、自由の下に放埓を極めるためならば死や消滅や被虐を厭わない存在も、確かにいるようです。そして彼らもまた、世界のある部分では愛し愛される主体であることに違いありません。

聖なる掟を樹立し光の聖域を確立しつつ、混沌や無法や無明ともワンネスの中で共栄するには、戦うでも説得するでもなく、互いに永久不干渉の状態を創りだすことが不可欠です。いわゆるポータル通過後になくなると言われていた部分が未だにあるように見えているのは、必要あってのことと思います。

矛盾を破壊しようとして散り堕ちた光の存在も多くいます。これ以上犠牲を払わずに、柔らかな防壁で全てを生かす創造を行うことが、自覚あるライトワーカーたちに求められていると感じます。
Commented by 蒼ON楽園になる夢を見る地球 at 2014-01-25 14:30 x
今この「まだ眠っている」地球で目覚めるということは、夢の中でも自在に動くことができる明晰夢のようなもので、完全なる覚醒のときにはこの夢の記憶すべてが「大いなるギフト」になるように思います。

私自身、今生も幾度となく地上や肉体から離れながら、未だここにいるのには理由があります。「故郷では出会えなかった、生来の自分とは全く異質な愛すべきすべて」が建設中の天国に確かに華を添えてくれるのです。時には先達や反面教師として、またある時には異国の懐かしい香りとして。

「愛の力は無限である」という実験の場である宇宙は、誰も予想し得ない、神すら(勿論喜ばしい意味で)裁量を手放すまでに進化しており、これからも永遠に成長を続けるのでしょう。

愛そのものになることは神になることを超え、その答えも辿るべき途も自分にしかわからない。その道の途中で愛を交わした同胞、友人、家族との協同創造でまた、答えすら進化し得ます。

皆様が至高のご自身と最高のギフトを、最良の環境で経験され、その体験こそがご自身で設定された目覚めであるという事実、その喜びに満たされますよう今日もお祈り申し上げます。
Commented by 森蛙 at 2014-01-25 18:21 x
ここでのコメントを読ませて頂き、確かに沢山の方々がおり、それぞれのご意見があるものなのだなと、考えさせられました。

私の場合、私も闇の底ぐらいの世界にこないだまで行ってたので、その場にいる闇の方々が救われない事はないとも、経験から理解できます。

今現在闇にいる存在たちって、ちょっと問題があるだけで面白い個性を持っている方々ばかりです。私は本当に彼らが好きです。

同時に、世間で言われる悪くて苦しい経験のことも、自分がそれを経験する事で、同じ苦しみを味わう人々の理解に役立つから、もの凄く大好きです。

なので三次元からの次元上昇を知った時、「待ってくれ、もうちょっと楽しませて~!」とマジで考え、しかし皆さんに迷惑かけられないから出来る道ではあるゆっくりアセンションを希望して、確かにその道中におります。

皆さんは、この地球の三次元の劇がお嫌いですか? 私は全てが大好きです。苦しみも痛みも全部。

もし嫌いであれば、アセンションするなりしないなり、あの世に戻った後に、時間が存在しない、すべてが同時進行形である利点を生かして、地球に来なかった道を選び、全ての苦しみを経験しなかった事に出来ます。

続きます。
Commented by 森蛙 at 2014-01-25 18:33 x
本当に出来ます。しかしさあ、その時になれば皆さん、地球での経験を消すような選択をするでしょうか? 

せっかく苦しみ抜いて得た褒美を、捨てるのが惜しい経験だと思う方もおられるでしょう。その場合は、苦しい経験は苦しい経験のままですが。

でもきっとここにいる皆さん全員、乗り切った後の爽快な笑顔で「全て良い経験だった!楽しかった!」としか言わないと思いますけど。(もしくはアセンション出来なくて、よしもう一回!と気合い入れるか)

全員捨てられると言う選択肢の前で、今一度この次元での生活が大事か大事じゃないか、考えてみてください。

自分の生きた道が大事なら、苦しみなんて全て楽しみになります。元から苦しみなんて存在せず、幻だと思えるようになります(きっと・苦笑)

だから今この瞬間、肩肘張らずに楽しく生きて、苦しみにサヨウナラしましょーね~!

・・・本当に長々と失礼しました(汗)
Commented by farmemory at 2014-01-25 20:56
皆ナイスだ、愛してるぜ〜(と清志郎・・・の言葉を借りて)

く〜〜泣けるぜ、ベイビィ
Commented by farmemory at 2014-01-25 21:10
制限はないです。
思う存分振り回しましょう。
Commented by 月子 at 2014-01-25 21:49 x
森カエルさんのおはなしを読んでじわっとしましたよ。

これでいいんだとなにか勇気みたいのをもらえました。

ありがとう。

次から次へと来る問題は 魂の準備をしているのだと思い

ます。はじめは おどろき涙しますが しばらくすると

苦しくなって 楽な道(しあわせの道)へいこうと思い

ます。

ふと 気がつくとそれは 手放した世界で受け入れた世界

なのです。シンフ・ルなのです。

そして

笑顔と感謝が全てをいい方向に変化させていく魔法のカギ

でした。

自分のなかの執着を捨てるように 促してくださる光に

感謝しています。そして素晴らしい我が人生をたのしく

味わちゃおっと(笑)

みなさまのそれぞれのおもうことを読んでいるとココロが

あったかくなります。きょうも世界の宇宙のあっちこっち

にいるひかりの家族よあいしてるよ~^^ありがとう
Commented by at 2014-01-25 23:12 x
T.Abeさま

光とは全ての善きものの元であり、全てを照らすものであると確信しておりますので、答えを知りたいと願い、探し、より良い未来を望むときその人はライトワーカーであると私は思います。

この旅にここでご一緒できること、大変嬉しく光栄の限りです!

光の剣をオヤツにしたら、素手で無敵♪なんて言ったらふざけているみたいですが(笑)使い方も回数も無限大、です(*^▽^)/★*☆♪

必要なときにいつでも力を発揮できる自分で、なんでも創造できる想像力を毎瞬育てて、できるだけ楽しく生きて世界を美しく彩りたい!そんな風に眼前を眺めてはどこに筆を置こうか、針(痛くない)を刺そうかと企む毎日です(光の剣をかじりつつ) 。
Commented by 蒼@ブラックライトワーキング中 at 2014-01-26 00:40 x
森蛙さま

素敵なコメント、拝読致しました。

光!光!と騒がしい自分ですが、闇の住人たちも嫌いではない…というよりも大好きです。

闇は、いきなり光の下には出せない真実を守ってくれたり、光とのコントラストで美しさを生み出したり、私にとっても愛しくかけがえのない存在です。

だからこそ、二極性の中で彼らが悪者扱いされるのは心苦しいですし、いつか次元の彼方に忘れ去られるのも寂しく思います。高次元の創造の中にも彼らの居場所が守られているといいなと常日頃考えています。

たとえ暴力や欲望や苦痛を孕んでいたとしても、彼らが同意なき苦しみを他者に与えずに存在できるなら、最早悪者ではなく酸いも甘いも知る千両役者になれるでしょう…偏狭で盲目な表面だけの”光教”信者より余程魅力的です。

失礼ながら「不細工な劇だな、早く終われ」と思ってしまうのは、消えない傷を振りかざす被害者意識(ただの「役柄」なのに悪役に悪そのものを永遠に押し付ける)や、薄っぺらな二項対立(光vs闇、善vs悪、誰が決めたのでしょう?)で、なんだか子供騙しだと感じます。
Commented by 蒼(暴走モード@確変継続中) at 2014-01-26 00:45 x
続きです。

3次元より洗練され、成熟するはずの5次元以降の世界は、それぞれのどのような思い出も暖かく迎えてくれる懐の深さを備えていると私は信じています。 森蛙さまの大切な物語たちも、一緒に歩める未来を希望させて頂きたいと思います。


なんだか熱くなってしまってごめんなさい。。 物心ついたころから、ヒーローが魔王と親友なら、世界は平和かつスリリングで面白いのにな…と妄想し続けていた積年の思いが暴走しましたm(._.)m


至高の宝物が1つだけではつまらないですし、光源だけでは何も見えません。アンダーグラウンドとされる世界も、悪魔も妖怪も皆、神とその子らの創造に違いないと思うのです。


高橋さま、皆さま、私も大好きです!
愛を込めて☆
Commented by 葉っぱ at 2014-01-26 01:01 x
まだ苦しかったり、問題が起こったりして、
焦ったり憂うつになったりもがいていますが、

そういう身もだえ全部、光の自分が経験したかったことなんだなあ。。

すべてが愛しい経験なんだ。。

と、なんだかとっても優しい気持ちで思うことができました。
Commented by 森蛙 at 2014-01-26 10:21 x
皆さん、本当に良い人たちばかりで感涙します。なので私からも、ラブ送っておきます。

ラブ光線~ ラブウインク~ ラブ投げキッス~ ・・・はっ、避けられた!?(冗談ですよ~)

それで熱い蒼さんのご意見、良く理解できます。

私もこの世は子供騙しであろうと思います。でも私もまだ子どもなので、子供騙し大好きです。

皆さんもかつて経験されたでしょうか。幼い頃に見たドラマやアニメを現実と思い、心底好きでドキドキし、いつか登場人物に会えるのが夢だった事。

いわゆる本当の子供騙しではあるものの、ドラマを真実と疑わず、自分も関係者になるんだー!と熱弁する子供を、全てを知る大人達は微笑ましく見守ってくれました。

それと同じ事で、今この世界と言うドラマを熱演する私達が宇宙の方々に見守られ導かれ、ドラマが作り物であると理解し、彼らと同じ大人になっていく。これがアセンション?

まだ私達は子供だから、面白い子供騙しドラマに首ったけなんですよねー。多分、こんな感じ?(笑)
Commented by at 2014-01-26 12:03 x
森蛙さま

今この瞬間のドラマを生き生きと楽しんでいらっしゃることが伝わって来ました。"子供騙し"という表現が失礼になってしまったかもしれません…ごめんなさい。全てのドラマが子供騙しであると切り捨てたいわけではなく、この世という舞台装置は素晴らしい宇宙の仕組みの1つだと思っています。

ただ、あらゆる要素が一堂に会するこの地上で、すべての魂に、トラウマや罪の意識が残らないよう、必要以上の苦痛を味わわずに次のステップに行けるといいな、と願うだけです。

消えたくないのに核戦争で消えたり、生まれたばかりで虐待されたり、愛する友を戦争で殺したり。それも各々決めて来たことなのでしょうが、同じ苦しみや痛みは「先輩」が経験したから後の子は免除でいいよ、シナリオキャンセルしていいよと言えるぐらいの度量を持ちたいというか…ええかっこしいなんですかね(^^;)

自分が極度の恐がりで痛みに弱く、ひどい臆病者なのでそう思ってしまうのです。大人のほんの冗談程度の怪談で、トイレに行けなくなる子供のようで、本当に情けないです。。森蛙さまの明るさと強さが眩しく、心強く感じます。大変勉強になりました、ありがとうございます!
Commented by 森蛙 at 2014-01-26 14:10 x
蒼さんへ。

私も、ええかっこしいですよ~! それで、容赦なくツッコミ入れて申し訳ないなーなんて事も感じてます。

コメント読まれる他の方が誤解されるかなあと思っちゃって、お喋りの血を止められませんでした(余計な心配ですね・苦笑)

私も、貴方の頑張りに多くを学ばせて頂いているところです。いつもありがとうございます!
Commented by 月子 at 2014-01-26 22:02 x
オモシロイ(笑)

みなさまのコメントを読んでココロがあたたかくなって

自然と”愛してるよ~”ってうったら高橋さんとリンク

してた(笑)

世界中の 宇宙中のみんなとツナガッテいる証拠だなぁ。

でも たのしい波動だから ツナガリあえたんだなぁ。

そういえば 数日前 寝ていた夢うつつの時に初めて

宇宙の人たちが部屋に入って来たのを感じていました^^

これもたのしい波動が呼び寄せたのでしょう^^

ダジャレ大好き、お客さんの笑った顔大好き波動

ハ・ワーのみなもとですっ!

きょうも このばにありがとうございますっ!
Commented by ベビースターラーメンボム at 2014-01-27 16:49 x
このブログは時々見て楽しいんだけど
リニューアルしてからコメント乱がいただけない
何度も同じ様な事長々ぶちまけてて
そんなに語り合いたいなら自分のミクシとか自分のブログとかメールでしたらって思うワ
too noisy here
密かに見るのが楽しみだったpo~さんやぶき侍さんとか書き込んでないから少しつまんない
コメント乱だから色んな意見があるのが健全なんだけど
人のブログで連載みたいに切々としてるのはゲンナリだわ
Commented by Aki at 2014-01-29 21:03 x
少し前の自分だったらコメントはしないまでも
私も同じ様な印象を持っていたかも知れません。
だけど正直なところ、今は皆さんの様々なコメントやそのやり取りを読むのが愉しくて仕方ありません(笑)

そして、それらの中にまた新たな気付きや発見があるのです。

見方を変えると見えてくるものも変わるのだと思いました。

何事も心持ち次第の様な気がします。


それとあくまで自分においての話なんですが、人や何かに対して不満を抱いている時、本当は自分自身に対して不満を持っている事が殆どでした。

不満の本当の原因は自分の中にあったんです。

あくまでも私自身の話ですけどね。