◆葉山沖の虹◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆葉山沖の虹◆ [ 2013-07-03 12:23 ]

d0165401_1218191.jpg 先日友人達と葉山沖に船で出た時に遭遇した、何とも不思議な虹です。
通常の虹と異なりサークル状の形状ではなく、いわゆる椋平(ムクヒラ)虹と呼ばれるタイプだと思います。

しかしこの虹が特徴的なのは、とても短期間に色や形状がどんどんと変化して行く事です。
そして、その「色」がとても鮮やかで濃い事。

通常虹ができる為には太陽の位置と見ている人、そして虹が投影される湿気の有る空気の壁や雨粒が必要と言われています。

見ている人の後に太陽が有り、そして人、その前方に虹が出来るのが定石です。
しかしこの時点では太陽やや前方の真上に有ります。
虹が出来る角度50度前後よりも鋭角で、全てのセオリーから外れている様です。

また虹色と言う事は綺麗なスペクトル分解となる筈ですが、特に画像の一番下(3枚目)綺麗な虹色の横の方にレインボーカラーに色分解されていないグリーンに近い光が見えています。
(動画の方でも少しだけ確認出来ます)

これらの事から、単なる虹との判断が出来ないと理解しました。
以上は検証的な見方です。

しかしこの虹は有るメッセージを送って来ている事を、意識が感じ取っていました。

実はこのクルージングは、この船に乗る人全てに関わった大切な友人の弔いの為の航海(単に近海に出ただけですが)でした。
若くして2ヶ月前に逝去した友人を偲んでの事。

亡くなって直ぐ彼が、この地上から肉体を抜け、地球を周回する彼の同胞の宇宙船に移っていた事をリーディングで確認していました。
その彼が、関係の深い船の同乗者に向けたメッセージを送った事は間違いないと感じたのです。
その内容は深いものでは有りません「ここに居るよ」そう虹が伝えて来ました。

(友人がyoutubeにアップしてくれたのでシェアします)



この動画や画像からは判断出来ませんが、この虹に輝く部分は円形状の(円盤状)大きな物体のヘリの部分が光り輝いている事が理解出来ました。
「彼が乗る巨大な宇宙船」が上空に滞空している、その確信を持ちました。
もちろんその巨大な船は、肉眼では(映像や画像からも)確認は出来ませんが、意図的にヘリの部分を光らせた彼を皆も感じた様でした。









[PR]

by farmemory | 2013-12-23 22:42 | ・コンタクト | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/21236958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。