◆今個人的に起こってる変化に関して◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆今個人的に起こってる変化に関して◆ [ 2013-04-28 14:45 ]

変化は加速しています。
この変化はあらゆる所に及んでいますが、むしろ目に見えた変化の方が少ないかと思います。
「水面下」の変化が今はまだまだ大きい筈です。

ある時を境にその変化を「目撃」出来る様にはなるでしょうが、それまで少しの忍耐を持って、日々の暮らしをお続け頂ければと思います。

目視しにくい変化、これは多くの方が検証的に感じられる変化に付いてです。

しかし、この変化とは別に、個々人の方の中には「自身の中の変化」を感じられる方が多くなっている筈です。

例えは体調です。
体調(あくまで次元移行に伴う変化が対象です、医学的な視点ではありません)に関して見ると特に消化器系の不調や目眩等が比較的多い様です。

気になるので専門機関を受診しても、原因が分からない事も多い様です。
少し気になる程度の不調から、かなり激しい不調まで有る様ですが、次元移行に伴う体調変化は原因が分からない場合が多いようです。

中には皮膚に変化を感じたりする方もおり、又不調とは真逆で、今までの不調が著しい回復を見せたり、中にはアンチエイジングを経験している人もいる様です。

私の知人や被験者の方達の中にも、かなりの確率で自身の変化を確信的に感じて居る方が多くなっています。
中でも女性の方が今大きく変化を感じているのではないかと思います。
これは今まで女性を押さえつけていた古いエネルギーが弱まり、本来のリベラルなエネルギーフィールドに急激に変化しているからなのでしょう。

女性性の開花を迎え始めていますので、自身の中にその女性性が強い人はこの変化に、より反応しているかも知れません。

今までのバランスを欠いていた世界が、今より均等なバランスになろうとしています。
押さえつけられていたエネルギーの解放と、逆に強すぎたエネルギーの減衰も起こって来ましょう


この変化は当然ながら生殖にも及ぶと理解しています。

最近草食系男子と言う言葉を良く耳にしますが、実はそれも新しい世界を意味しているのかもしれません。
今までは男は力で奪い取り、女はしとやかに男に従う。
こうした古い意識が崩壊して行けば、男女の意識差もきっ抗して来る筈です。
その現れが草食系に傾倒する男子と、より自身の意思を強く持つ肉食系と言われる女子の増加なのかもしれません。

草食、肉食と言っても、元々どちらかに傾倒していたエネルギーがバランスを取ろうとしているだけで、男女の意識が逆転する事を意味するのではないでしょう。

今日本では少子化が問題視されています。
国家的に見たら確かに国の衰退と取られかねませんが、それは人類が勝手に線引きした国境の中の話です。
この地球には生物学的国境は存在しません、むしろ地球と言う閉じられた環境の中の人類と見るのが当然の事です。
そう見ればこの世界の人口は決して下降してはいないでしょう。

政策で子供の数を管理すると言う事は、まるで畜産に等しい事です。
人は本来自由な生き物である筈です、好きな相手と愛し合い、子供が生まれる。これこそが摂理と言うものでしょう。

水槽に入れられた魚が、その水槽に見合った大きさ以上に育たないと言うのと同じで、この閉じられた地球での人口バランスもまた同じ事なのです。

先進国と言われている国々の飽食を押さえ、世界の人々に均等に食料が行き渡れば、餓える国は恐らく現段階でもかなり解消される筈です。
食料安全保障や金融先物などと言う意識で、命を救う小麦の一握りを「武器」に変え、人々の命を左右してきた古い世界の崩壊も、もう目の前に来ています。

今若い人を中心に農業や水産業と言った第一次産業に目を向ける人が増えてきています。
新しい次元に完全に移行するまでの間、野良着と鍬、ゴム長と漁網、サイロと牧草、作業着とヘルメット、チェーンソーが人を生かすのだと言う事を忘れないでいたいと思います。

また、今起こっている変化には精神的なものもある様で、急に不安感が襲ったり、逆にいきなり高い高揚感を感じたりと気持ちのアップダウンを感じたりする方も居られる様です。

その振幅が激しくなれば、今までは精神疾患と見られていたかもしれませんが、これも変化に対応しようとしている生体反応の可能性も十分あります。
特にきっかけとなるトリガーなどは無く、1日のうちでその上下を何度も経験する方もいる様です。

以上これらの例はあくまでも一部の事です。
自分自身の体調に現れなくても、身近な人に現れたりする事もあります。
気になる事があれば信頼できる専門機関の受診は有用でしょうが「病は気から」の例えもあります。
過度な不安はむしろ不要なエネルギーを引き寄せてしまう事もある、これもご理解下さい。











[PR]

by farmemory | 2013-12-23 22:06 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/21236757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。