◆次元移行に付いて(3)◆

*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム
*前世からの旅立ち・遥かなる再会、お問い合わせメールフォーム(スマホ・携帯用)
スマホ・携帯からお問い合わせの方は yahooからのメール(パソコンからのメール)を受信出来るよう設定お願い致します



◆次元移行に付いて(3)◆ [ 2012-11-18 13:55 ]

新しい次元への旅の途中経過を簡単に整理してみたいと思います。以下の内容には既にお話しした事等も含まれますが、今一度整理のため記載して行きます。
今回も次元移行に関してのお話しになります。

今の時点で過去の時間軸を理解出来て来ました。
そこで次元移行の状況は現在までこの様なものではなかったか、それを感じるまま時系列に添って記事にしてみました。
これらの内容は私たち人類に関わる事を中心としています。
地球外でも様々な事象が起こっている様ですが、これらに関しては現行の科学では説明の付かない事で論理的な説明が難しく、別途お話しさせて頂く事とします。


・・・・


1、インパクトの体験、覚醒への解錠

日本では特にリーマンショック、311等が該当します。
このタイミングで覚醒すべき方の多くが、その準備に入った筈です。
実際それまでは単に過去生を知りたいと言う方が多く居られましたが、311以降覚醒や宇宙意識に目を向けられる被験者の方が増えて来ています。
また、リーマンショック前後が一つのポイントで、多くの方が2~3年前を自身の中での変化の「契機」と感じておられる筈です。

(それより前、ロズウェル事件やケネディの大統領就任、東西ドイツの統合、ゴルバチョフのペレストロイカ等も該当しましたが、時まだ早くそこでの変化は閉じてしまいます)




2、覚醒への選択

上記のインパクトで覚醒する事を願った方と魂の記憶を思い出された方、覚醒を望まない方と未だその時期ではない方に別れ始めます。
この時点で真実を知る事を魂の契約として「思い出した」方々が覚醒への胎動を始めます。




3、選択の時期

覚醒の選択と前後し、自身の魂の選択として新しい次元に向かう方、旧3次元に留まり学習を続ける方に振り分けられます。
いわばそれぞれの帰港地に向けての船に乗船した時です。
時期的には昨年2011年の後半辺りかと思います。




4、世界のリセットと旅立ちの準備

既に新しい次元と、旧次元に向かう船は出航しています。
新しい次元に向かう方と、旧次元に留まる方との体感的な変化が始まっている筈です。

旧次元に留まる方は、ご自身の身の回りに居られる方や、自分を取り囲む方々が、旧次元の意識を強く持っている方々で構成されています。
政治的な事や経済混乱、軍事面等不安材料となる事に強く意識が向き、そこからの意識離脱が難しくなって来る。
「新しい次元、アセンション、地球外生命体、光」と言った語句や文章に過剰に拒否反応を感じる様になる。
1日の時間経過に特段の変化を感じる事は無く、自身の「内面」も大きな変化を感じる事もありません。しかし報道されるメディアだけの情報をニュースソースとする事から、世界や社会の行く末に強い不安を感じる様になります。


新しい次元に向かう方は、例えば天からの「ラッパ音」を聞く方や、レーダーに映らない低空飛行をする航空機等を目撃する方が増えて来ます。
前者の「音」は新しい次元に向かう為のエネルギー波と膨大な情報が含まれますが、表層の自我では、現時点この詳細を理解する事は困難です。
後者の航空機は次元の混濁の為に起こっている事象です。
航空機だけではなく通常の生活に中に異常を感じる事があります、例えばいつも歩いている道に見かけない光景や建物を目撃したり(別の日に通ると元通りになっている)、自分が行ってはいない場所に居る方から訪問した事を告げられる(身の覚えの無い行動を他者から指摘される)
また、この逆の事もあります。
自分がある方を見かけたり、実際に接触した記憶があるにもかかわらず、その相手に確認すると、その日時に相手の方がその場所にいた事実が無い等です。

この様に時間軸の乱れや記憶の混乱、時間の経過スピードの変化(早くなる)を感じる方も居られると思います。
これは決して加齢によるものではなく、その年齢に該当しない若年層もその変化を感じる様になるかと思います。時間の崩壊に向かう現象を見ているのだと思います。
更には、体調等にも変化がある方も居られるでしょう、これは新しい次元に向かう方の生体構造の物理的変化が主な理由かと思います。

そして今起こっている政治や経済等社会面での事象に強い関心を示さなくなって来る方も居られると思います。

むろん上記の体験はどちらの道を選択した方であろうと、必ず皆同じ体験をする訳ではありません。
中にはこれら全てに当てはまらない方も居られると思いますので、あくまでヒント程度とご理解下さい。

これらの時期は2012年夏頃から、今現在までです。




5、情報、報道の変化と目撃

今まで故意に流す事を避けていた事象や、真実等が徐々に報道されてくる様になる。
※これも今現在を指します。

また、いずれ私たちがコンタクトして行くであろう故郷の天体の人々の目撃例が増えて来ると思います。
まだまだ地球外生命体に関しての話題は眉唾のレッテルを貼られる事もありましょうが、以前に比べるとその報道も徐々に真摯なものとなって行くかと思います。
ただ彼らとのコンタクトはしばらく先になるかと思います。

それまでに、メディアや個々人が徐々に慣れる様、報道もそれに合わせ始まって来ると思います。
先日アメリカのデンバーで目撃された飛行体の報道もその流れかと思います。

報道側も、真実を伝え様にも今まで自らが目をつぶり真実を見ない様にして来た訳ですから、いきなり全てを理解し正確な報道が出来る訳ではないでしょう、混乱は有って当然です。
しかし、今までは主要メディアでは取り上げさえしなかったこれらの情報を、笑い話ではなく客観的な事象として捉え報道して行く素地が整いつつあるかと思います。

既に世界では公式見解として、イギリス、アイルランド、アメリカ合衆国、メキシコ、ベネズエラ、フランス、中国等がかなり深く報道をし始めている様です。
これらの国々から、今後真実を伝えようと言うエネルギーが現れてるかと思います。
それは今までの様にマイナーな一部活動家等によるのではなく、メディア報道、映画などメジャーと言える機関がそれを行ってくる様になる筈です。

残念な事に、むしろ今の日本の方が諸外国に比べ、地球外生命体に関しての扱いは後進国と言えるかもしれません。





6、権力の失墜と、権力者や著名人の退場、知人家族との疎遠

これも今始まりかけている事です。
今まで支配層と言われる権力を持つ人々の不祥事が、もみ消される事無く表に現れて来ます。
また社会自体の権威の失墜も起こって来ています、スキャンダルや不祥事、法への抵触等によりその地位を降りる方も増えて来ます。
この現象は、恐らく外見上何の違和感も無く、例えば高齢の為の政界引退や、体調不良等自然な理由での退場も多いかもしれません。

また今までメディアで見かけていた著名人が不祥事やスキャンダル等を理由にメディアから遠ざかり、遂には忘れ去られて行きます。
芸能関係では良くある事ですので、それがどの様に新しい未来への変化に繋がるかは俄には判断出来ません。
しかし今までの消え方と、明らかに違う筈です。一度消えたら、恐らく返り咲く事は無く、遂には人々の意識からも消えて行くかと思います。

これは近い未来に起こってくる事なのですが、新しい次元に向かう人には、旧次元に留まる人が見えなくなり。
旧次元に留まる人には、新しい次元に向かう人が見えなくなって行く、その始まりなのかもしれません。

血を分けた家族や親族であろうと、常に心の支えになってくれていた親友であろうと、将来を誓いあったパートナーであろうと、それぞれの道を行くと決めた魂の選択に従う事となります。





7、静かな旅立ち

今年の年末辺りを過ぎると、静かに、そして徐々に変化が加速して行きます。
この変化の中には光のリーダー達に関する内容が含まれます。

旧社会に留まる人を引き連れる光のリーダーと
新しい次元への水先案内をする光のリーダーがいます。

前者は、とても「光の人」の形容には当てはまらないと思われる人もいます。
彼らの中には旧社会を崩壊させるため、わざわざヒール役(悪役)を「魂」が買って出た方も含まれます。
つまり旧社会の「壊し屋」としてこの時期を目指し生まれ来た人達です。

同じ様に、旧世界に留まる人々を引き連れ、いわばハーメルンの笛吹として、旧次元に向かう船の案内をする光のリーダー達です。

ここで、旧世界、旧次元を低いもの、劣ったものとの理解はされません様。
全ての方(魂)がこの変化を通して、自分のステージに合った次元に移行するだけの事です。
決して善悪や、上下、優劣ではありません事はご承知置き下さい。

もし日本が、今少し壊さなければならない、清算しなければならないカルマが残っている様でしたら、今度の選挙ではその為の人材が選ばれるでしょう。

今度の選挙は、確かに今後の未来を予見する事になるかもしれません。
しかし、だからと言って、今有る「現行の社会基準」だけでの早急なご判断はなさいません様お勧めします。

まだ古いパラダイムの残っている世界ですので、未だ真実は私たちのレベルでは知る事が不可能な部分が多分にあります。
敵を欺くには先ず味方からの例えもある様に、私たちの預かり知らぬ所で新しい次元への移行は着実に進んで行く事を信じたいと思います。





8、今後

多くの方々のリーディングで、新しい世界のビジョンが朧げにも見えて来ています。
今後ある程度の政治経済、地質、宇宙等の混乱をくぐり向けねばならない様ですが、新しい未来を目指すと言う方にはその混乱も凌げる筈ですので、必要以上の緊張や不安は抱かない事は必要な事です。
変化が完了するまでには、まだ数年かかるとは思います。しかし変化の全てを目撃したいと希望しこの惑星にやってこられた方々は、それをつぶさに目撃する事になりましょう。

今は未だ詳しい時間軸のお知らせはなかなかに出来ません。
それは人々の想念が世界を構築して行くからです、建築も工期を提示しても往々にして遅延するものです。
自分の向かうステージの人々の想念が全ての時間を決めて行きます。

また人々の想念が社会を構成しても行きますが、自分自身の未来もまた自分の想念が造り出して行くものでもあります。
自身の変化も、その時間を早めも遅らせもします。


今回は心のままに今までの「経過」に関して簡単にまとめてみました。
ご参考になさって頂ければと思います。


・・・・


このブログは当初、自身と被験者の方々の、この地球での過去生を主に扱って来ました。
しかし、新しい次元移行を目前とした今、そのポイントにさしかかっている事から、どうしてもこの地球での過去生を遥かに遡り、地球外生命体としての前世の記憶を呼び覚ます事が多くなって来ています。
始めた頃は私自身ここまで宇宙的な内容を扱うとは思ってもいませんでした。

しかしブログを書き続けて行くうちに、内面からの沸き上がる意識で、これら地球外の記事を書く様になって来ました。
更にはリーディングを希望される方の多くが、この地球上での前世を遥かに越え、自身のハイヤーセルフとのコンタクトや故郷の惑星の人達とのコンタクトを取られる方が圧倒的な割合になって来ています。

また、一度ハイヤーセルフとのコンタクトや統合を経験されると、そこから意識の大きな変化が始まる方も決して少なくありません。

実際多くの方のハイヤーセルフは、その方に常に何らかのメッセージを送り届けている様なのですが、覚醒の扉にしっかりと鍵がかけられている事が多く、近くに居る彼等からのメッセージをみすみす聞き逃している事もある様です。

覚醒を願っている方のリーディングでは、その方のハイヤーセルフだけではなく、被験者の方の故郷の同胞達が力を貸してくれるのが分かります。
これも間違いなく「遠い記憶・前世からの約束」に他なりません。


これからも、この話題が多くなってくるかと思いますが宜しくお付き合い下さい。
地球人としての前世の記録等も、興味深いものがあれば記事にして行きたいと思っています。


ではでは次回また。










[PR]

by farmemory | 2013-12-23 18:19 | ・新次元とスペースピープル | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/21235642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。