◇ツインソウル探求の意味◇

◆ツインソウル探求の意味◆

 ツインソウル、双子の魂とも言いますね。
これはいったいどんなものなのでしょう。

 魂は生まれる前一つのコーヒーカップに入った液体だと想像してみて下さい。
それがこの世に生まれる事を決めるとそのカップから一雫の魂がこぼれ落ちてきます、それが個体の魂となって肉体に入ってきます
同時にもう1滴個体の魂がこぼれ落ちてきます。
これこそが双子の片割れになります。
基は同じカップに入っていた同じ魂なのです。

生まれる前、魂はどの肉体にはいるかを自身で選択します。
しかし必ずしもパートナーとなる異性の肉体に双子の相手が入るとは限りません。


 この魂が異性で、パートナーで、配偶者であったら嬉しいと誰もがお思いになる様です。
実際前世を見させて頂いているとその方のツインソウルの存在が浮かび上がってくる事が良くあります。
異性のパートナーとして身近に現れる事は確かに少なくはない様です。

しかし異性の相手と限らないことも決して少なくはありません。

 例えば高校の頃、自分の人生を決定的に変えてくれた担任の教師であったり。
稀ですが、自身に大変ひどい仕打ちをした相手がツインソウルであった、などと言う事もあります。
長い目で見るとそのひどい仕打ちが自身の目を開けさせてくれた事になったかもしれない、つまりこの人生で出会わなければならなかった存在と言う事です。

 更に、ツインソウルは必ずしもこの人生で出会う相手と限った事でもない様です。
直接知り合う事も無く終わる人生であっても、ツインソウルは存在していると言う事なのです。

 もしかしたらアナタが好きなアーティストかもしれません。
その人の作品にであった事でアナタの人生がまるで違うものになった。。。
あのアーティストの楽曲がその時の自分を救ってくれた。。。

でも、忘れないで下さい
魂はツインソウルであっても尊重しなければならない個人です、決して自分と縁が深いからと言って
アナタの「もの」ではありません。

遠くから気がつかないうちにこの人生の支えになる力を送ってくれる存在なのかもしれないからです。

 私は一度の離婚経験があります。
この別れは決して後ろ向きなものではありませんでした。お互いこれから自分の道を歩んで行こう、そう言う理由からこの人生では離れる事にしました。
しかし彼女が私のツインソウルであった事は間違いの無い事です。
語る事無くお互いに認識していました。
 そして今の自分の存在自体が彼女と過ごした日々が無ければ成り立っていなかったのも事実です。
正に私に取って最も重要な存在であった、いえ、離れてなお今でも彼女は心の支えになっています。
しかしそれは異性と言う存在としてではなく、敬愛する一個人としてです。


 現在は今の妻と出会い大変に幸福な毎日を過ごしています。
私は幼い頃から家族と言うものに疎遠で縁が薄く、そして輪廻転生に幼い頃から気付いていた私に取って家族はただの構成単位程度の認識でしかありませんでした。
しかし私は肉体を持ってこの人生に転生して来た以上達観した「スピリチュアルな人」でいる事は非常にバランスの悪い事であったのでしょう。
その私にこの人生で「人間」として生きる事を中年になってやっと気付かせてくれた人が今の妻です。
しかし彼女は私のツインソウルではありません。


 ツインソウル探求の旅は決して意味の無い事ではありません。
しかし今、目の前にいる美しい魂を見失ってしまっては本末転倒です。
あなたのツインソウルはそれを望んではいないはずです。
この人生をより良く生きる事は私たち一人一人の責務でもあります。

生きると言う事は多くの魂達と交流する事でもあります。
ツインソウルだけが自分に取って最重要と考えるのではなく、その存在は心の支えだと認識されたらいかがでしょう。







[ 2010-07-20 11:26 ]


[PR]

by farmemory | 2013-12-22 23:14 | ・前世リーディングと覚醒誘導 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/21224146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 美月 at 2014-02-26 16:37 x
心にしみいるような内容でした。
ありがとうございます。
Commented at 2014-03-27 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 匿名 at 2014-08-23 12:19 x
出逢ってしまったら最後。例え結婚していても、真実の魂の伴侶と出逢ってしまえば法律上の婚姻関係は瞬時に無意味なことに気がつきます。魂と身体が相手を認識してしまうから。目の前の相手を大切にしようと思っても、魂は瞬時に見分けてしまう。一つのモナドに還ることを覚えている。創造主がそのように創造されたので・・鮭が毎年故郷の、同じ川へ帰るように、私達も魂が生まれたその瞬間にまで、戻る旅を続けていたのだと、気がつくのです。ただ宇宙の法則は自分にとっても良い、みんなにとっても良い選択をしていくこと。相手が見つかったらさよならではないですよね。今後地球には真実しか残らなくなってゆく。真実の地上の夫婦のあり方も、変わってくると思います。反転させてみるとわかりやすいかも知れません。あなたが出逢うかどうかもそうですが、もし最愛のパートナーに、真実の相手との出逢いがもたらされたら・・あなたは見送ってあげることは出来ますか?そこで真実の愛が試されると思います。執着か、本当に相手の幸せを考え手放してあげられるか。今後、地上のパートナーシップも大きく変化してゆくことでしょう。