◇全ての生物に解放されるアカシックレコード◇

◆全ての生物に解放されるアカシックレコード◆

 アカシックレコードに関して、(これは私の仮説なのですが)その情報取得は広くあらゆる生物に解放されているのではないかと以前から思っています。


 例えば人間とは比べ物にならない知能レベルの(筈の)湖沼、河川で育ったうなぎが、産卵のため遥か数千キロはなれた北マリアナ海域までを旅する、それ自体脅威としか言いようがありません。
 或は数千キロも離れた地域を繁殖や越冬の為に行き来する、どこにそのエネルギーが隠されているのか疑問にさえ思ってしまう渡りをする小鳥達。
 お互いの成長を邪魔せず、まるでパズルの様に枝を茂らせ葉を付けるジャングルの木々たち。
 漁船に群れるカモメにフグを投げても寸での所で回避したり、その漁船が自分達がもらえると分かる魚種をその日何故わかるのか。

 笹が60年周期で花をつけ実を付けると見越したようにそれを餌とするネズミが増え、更にそのネズミを糧とする猛禽類やテンや狐などが異常な繁殖を見せるという事例。
笹の開花を見てネズミ達が発情する事は考えられますが、そこから連鎖する捕食者の出生率まで及ぶものなのでしょうか?

 今私たち人間が食料もGPSも持たずアマゾンのジャングルの真ん中に放置されたして無事生還できるかを考えると、本能とか遺伝子の記憶とかを遥かに超えた力が厳然と存在すると思わずにはいられません。

遠く離れた地域で逸れた猫や犬がどこをどう辿って何百キロも離れた飼い主の家まで辿り着くのでしょう?
これら全てをアカシックレコードへのアクセスによる情報取得と考えると合点がいくのです。

さて、私たち人類に話を戻してみます。

 人間は遥か昔から木の皮や羊皮紙に記された海図だけで、丸木舟に毛が生えた程度の小舟で大洋を航海してきました。
 確かに天測航法もあったでしょうし稚拙でしょうが海図らしきものも持ってはいました。
しかし天候はどうでしょうか?
 レーダーも衛星も持たない彼らが、人力か風力だけに頼った小舟で台風の危険のある大洋を渡りきっていた訳です。
 今でしたらレーダーもあり情報も豊富です。
エンジンのついた高速の船なら危険な海域を速やかに離脱する事も簡単です。
 しかし人力と風力だけに頼った小舟が、いくら機敏とはいえ数ノットしか出ない船で直径数千キロにもなり時速何十キロのスピードで移動する巨大低気圧からどれほど機敏な危険回避ができたかを考えると、彼らの持つ航海術だけで大洋を渡るのは不可能ではないかとすら感じます。
 また、何ヶ月もかかるであろう航海の間の飲料水や食料はどうしていたのでしょうか?
魚を捕る事はそう難儀な事ではなかったでしょう。
しかし雨水に頼った飲料水はどうでしょうか。
 雨が降ると言う事は気圧の変化や気温の変化が必要です、つまり雨水を得ると言う事は海が荒れると言う事と同義な事もある訳です。

 そこにアカシックレコードへのアクセスが介在したとしたら話は大きく変わる筈です。
いつどこで低気圧が発生し、どの緯度経度を辿りどれ程のスピードで移動するかが分かれば、かなり確率の高い危険回避になるでしょう。
そして危険の無い降雨地帯を知る事も出来る訳です。

 アカシックの情報取得はそう難しい事ではないとお話ししましたがその情報取得の能力、或は方法は様々だと思います。
科学知識がある私たちなら天候の異変が何に由来するかは知識として継承、伝達しうるものです。
ですからアカシックからの情報取得が極めて科学的な内容であったとしても理解する事は可能でしょう。

 しかし渡りをする鳥達や北マリアナ海域で生まれたレプトケファレス(ウナギの稚魚)達にその知識があろうはずはありません。
しかし私は、それでも彼らもアカシックからの情報取得はしていると考えます。

 恐らく、アカシックから来る情報は受け手側で理解出来る様々な情報形態があるのではと思うのです。
理解能力に差がある個体に向けて、それぞれのレベルの情報伝達であればそれは意志を持った情報伝達で、今までの解釈と矛盾が出るのでは?
そう考えられなくもないのですが受け手側が処理出来るあらゆる情報を、その形態や内容全てを一緒くたに発信し
そしてその中の情報を個々の個体が理解レベルに合わせてチョイスしているとしたらどうでしょう。


 つまり処理出来る情報を個々に取得出来、その表現方法も様々だとしたら、、
これは時に共時性(シンクロニシティ)と言われている事ではないかとも思います。
 偶然の様ですが、知りたいと思う情報がその個人や個体の理解レベルや、その時に置かれた状況でにタイムリーに伝わってくる。


 アカシックからくる情報は、形態などどうでも良く今自分が必要な事を簡潔に知れば良い訳で
天候が悪くなるから出船は3日待てと村の長老が夢で見たからそうする。

 この道を真っすぐ行くのを止めようと「勘」が言うからそうしよう。
ただそうすれば良い事です、実はその先に飢えたオオカミがるかもしれません。しかし結果は命拾いする。
この時のアカシックへの質問は「安全に目的地まで行くルートが知りたい」
であれば、オオカミの事など知る必要も無く「この道」と心が示す道を取れば良い。


これこそがアカシックレコードのあるべき利用方法と強く思うのです。












[PR]

by farmemory | 2013-12-22 22:53 | ・前世リーディングと覚醒誘導 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://dimension5.exblog.jp/tb/21223963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。