**虫の知らせ**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_00000356.jpg

虫の知らせってありますよね。

今までこれが、自分の関係のあるところで何かが起こったり関係する人に何かが起こったり・・そうした出来事を知らせる事だとされて来ました。

でも自分の知らない遠い場所で起こる災害などを感知して、それが何なのかは分からずに何か胸の奥が優れずモヤモヤしたりすることがあったとして、ではその遠いい地域と自分がどう関わっているの?という疑問が湧いて来ます。

災害や大きな事件や出来事は、この世界の至る所で休むことなく起こり続けています。
そうしたことすべてに反応などしていられませんし、実際感知している訳ではありません。

6年前の311の時も、かなり多くの方がその前兆を感じ取っていたことは皆さんも耳にされたことがあると思います。
私もこの日朝から、何か得体の知れない胸騒ぎを感じ、発生時間に近づくにつれ、動機も起こり始めた経験をしています。

確かにここ東京でも、今まで経験したことのない揺れで、その驚きは大変なものでした。
ですから私にとっては極めて関係の深い災害であったことは間違いありません。

ところが、震災後に九州にお住まいの高い感知能力をお持ちの方と知り合うことがあり、この方も同じように前日から言い知れぬ不安感があり、地震か何かの災害ではないかということを感じたとお話しされていました。
ただこの方は中部地方以東には知人がいない方です。

そして震災直後から数々のニュース報道に接していると、胸が苦しく、激しい悲しみに苛まれたと言います。

おそらく災害などに関する「虫の知らせ」はその出来事が自分の身に直接関係しなくても、その人の心を揺さぶる(感情的な動揺)という点から見れば、まさに自分と深い関係があったと見ることができるのではと思うのです。

自分が生涯のうちで、その場所に行くことなどないような遠い地域で起こった災難や事件報道に接して、涙したり、被災された方たちの思いに接して、その心と同期してしまったとしたら魂が時空を超えてその地域とつながったということなのでしょう。

また、生涯接する事がないとしても、もしかしたら他の人生(過去世)でその場所に暮らしたことがあったり、表層で知ることがなくとも魂の深い繋がりのある人がその地に住んでいるのかもしれません。

そして、その地域に生きる人たちの混乱や痛みを時空を超えて自分自身受けたとすれば、世界中で日々起こっている無数の事件の一つをピンポイントで察知してしまったその理由なのかもしれません。

今人類は次の時空に向かって進んでいますので、眠っていた潜在力の覚醒(感知能力の解放)も当然起こってくるでしょう。

この感知力は人の個性が様々なように、皆違った能力を持ち合わせているものです。
今後時空の変化に伴って「虫の知らせ」と言う漠然とした感覚だけでなく、地域や内容もうっすらと感知できてくるようにきっとなって行くでしょう。

ただそうした出来事に対する不安や恐れが起こるようだと、ハイヤーセルフは強い感情の起伏を起こさせないため、身を守る程度のことに止めるかもしれません。
常にどのような状況にあっても動揺しない自分になって行くことを同時に進めて行くようハイヤーセルフはきっと促してくるでしょう。

でも動揺しない自分になるというのは「強固な精神力と鎧を身につけることでありません」と付け加えておきますね。









[PR]

# by farmemory | 2017-08-24 00:06 | ・新次元への道 | Trackback | Comments(0)

◆◇新規勉強会のお知らせ◇◆

10月開催の勉強会とイベントのご案内です。



c0319737_18242099.jpg

 次の次元を目指すため、3次元への理解はとても重要です。
3次元という概念や世界がどう言う場所で、私達自身どのような目的を持ってここに存在しているのか。
「今の私達に出来る3次元の理解」を深めて行く講習会です。

10月1日(日)
地球3次元講習会ご案内ページ>>>



c0319737_18351331.jpg

 新しいステージに入り始めた今
ようやく自分から封印してきた潜在力を覚醒させる時期に入ってもきたようです。
サイキックという言葉では語りきれない大いなる潜在力を
参加者の皆さんと共に思い出して行きましょう。

10月28日(土)
覚醒への道ご案内ページ>>>



c0319737_18563308.jpg

このイベントはイベントプランナーの方が企画された会です。
お申し込みは、プランニングオフィスとなります。

10月21日(土)〜22日(日)
《コンタクトワーク in 金沢・能登》ご案内ページ>>>






┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏





[PR]

# by farmemory | 2017-08-22 19:05

**誰のために生きる?**

**宇宙からの歌声**ホームページ>>
個人セッションの案内はこちら>>>
開催予定のイベント案内はこちら>>


c0319737_15251221.jpg

「人のために生きる」

という言葉。
一見高尚で自己犠牲のように聞こえますがどうでしょうか?

目に見える手助けだけが、人のためになっているとは限りません。
進化して行くためのハードルであれば、そのハードルが「その人のためになる」事を直感的に理解できるかが大切かもしれません。

とすれば「助けない」ことの方が「その人のため」になることだってあるかもしれませんね。

もしかしたら
「人のために生きる」
と言う言葉を使いながら、自分は善業を行なっていると言う自己満足を得ようとしているのかもしれません。


「苦しんでるあなたを救いたい。その道は危ないから、こっちに進みなさい」
苦しんでいる人や危なっかしい人を見ればそう思う事よくありますよね。

でも、その人がその苦しみに立ち向かって自分を進化させて行こうとしている最中であれば、手を差し伸べて欲しいとは願わないはずです。

また目の前に誰か苦しんでいる人がいて、それを見かねてこちらから手を差し伸べても、その人はその手を握り返して来なければ、その人はあなたでない人に手を差し伸べてもらいたいのかもしれません。
でも、もし相手が手を伸ばしてきたら、直ぐにその手を握り返してあげましょう。
その時、相手があなたを心から信頼していると言う事が分かる筈です。


あるいは、本当は誰かに気に掛けてもらいたい、声をかけてもらいたいと思っていても自分から人に助けて欲しいと言い出せないとしたら、その苦しんでいる人はなぜ「気にかけて欲しい」と口にできないかの原因があるのかもしれません。
もしかしたら他者への信頼を持てないのかもしれませんし、自分という存在に対する希薄さや強い否定意識があるからかもしれません。

そうであればどこかの過去世での何らかのトラウマや、幼い頃のインナーチャイルドの解放が行われていなからかもしれません。
この場合はその人を今の苦しみから解放させる前に、人を信頼できない部分からの解放が先ということかもしれません。


善意の押し売りは、時にとても重要なその人の進化を阻害してしまいかねない危険もはらんでいます。
相手の成長を阻害すれば、その因果律もまた自分に返ってくると言う道理です。

「人のために生きる」
この言葉を簡単に使うことなどできません。
なぜなら今目の前で苦しんでいる人以上の苦しみに対峙して、自分を進化させてきた人が初めて口にできる言葉だと思うからです。
そうでなければ、その人の苦しみを理解できず、真にその相手に寄り添うことは難しいからです。


この人生、皆自分の希望で生きています。
それを「エゴ」と言うかもしれませんが、それこそが私たちがここに生きている意味の一つです。

「人のために生きる」
「自分のために生きる」
「興味のあることに集中して生きる」

どれも天は微笑みを持って見守ってくれます。

自分の行動をいちいち口になどせず、理屈をつけず自分の強い意志と責任で思いのまま生きる世界。
いま私たちはそこに向かおうとしていることだけは間違いありません。

ストイックに生きることが美徳の世界は、近い未来遠い昔になって行くことでしょう。








[PR]

# by farmemory | 2017-08-21 15:30 | ・意識の自立と進化 | Trackback | Comments(3)